12.7.3 入荷情報「今回は"青い光沢"がキーワードです」

皆さんこんにちは。
前回の記事で梅雨のわりには晴れの日が…などと書いたら、週末から今日にかけて雨が降って梅雨らしくなりました。
特に今朝は雷を伴う凄い雨でしたね。まだ寝ていた時間(多分5時前)だったんですが、雨音の大きさで目が覚めてしまいました。
まあ、すぐまた寝たんですが…。

今回はアピストグラマやマクロフタルムス、ロイヤルファロウェラなどが入荷しています。
特にマクロフタルムス、アピスト・トリファスキアータ、コバルトブルーラミレジィなど青い光沢が綺麗な種類が揃っています。
本格的な夏を前に、こういう体色の魚がいると見た目にも涼しくなると思いますよ。

■すっかり忘れていました

ニューギニアダトニオ

↑ニューギニアダトニオです。
これは結構前に入荷していたんですが、紹介するのを忘れていました。
おかげ?でとてもよく仕上がっています。12cmほどの大きめ個体です。

バイオレットスネークヘッド

↑再入荷したバイオレットスネークヘッドも落ち着いてきていい発色になりました。
バイオレットスネークヘッドは入荷してからめきめきと美しくなるので、つい紹介したくなるスネークヘッドです。
若い個体なので発色はこのくらいですが、20cmを超えるくらいになると紫色もより鮮やかになり、体もごつくなり迫力が出てきます。
大きくなるスネークヘッドなので、是非立派な個体に育ててみてください。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

アプロケイリクティス・マクロフタルムス

↑「★アプロケイリクティス・マクロフタルムス」

アフリカンランプアイと同じアプロケイリクティス属の卵生メダカです。
日本ではほぼ学名で呼ばれますが、体に青白いネオンサインのような光沢が入るため海外では「ネオンストライプランプアイ」などの名前で呼ばれることもあるようです。

アプロケイリクティス・マクロフタルムス

本種は自分自身で発光しているわけではなく、あくまで照明などの光を反射して光っているので全くの暗闇では見えませんが、
弱いライトを手前から当てると暗がりに目と体のラインが浮かんで見え、まるで深海魚や発光するクラゲのような神秘的な雰囲気になります。

念のため調整中です。
ちなみに前回調整中で入荷したアクセルロディブルーは次回問題無ければ販売可能になる予定です。


アピストグラマ・トリファスキアータ(ペア)

↑「★アピストグラマ・トリファスキアータ(ペア)」

雄は青い光沢が目立つ美しいアピストグラマです。
今回の個体は入荷したてですが既にギラギラした発色が出ています。
雄はさらにトサカのように背びれが伸び、背びれを広げた様子はとても美しくなります。
まだ隠れがちでトサカを立てた様子は見えていませんが、いい個体だと思います。


アピストグラマ・ボレリィ イエロー(ペア)

↑「★アピストグラマ・ボレリィ イエロー(ペア)」

当店では人気のあるボレリィのバリエーションです。
ヒレが黄色に、ボディが青白く染め分けられる体色が美しい品種です。


ゴールデンブラッシングエンゼル

↑「ゴールデンブラッシングエンゼル」

ゴールデンエンゼルは体が白く、頭部を中心に黄色い発色のあるエンゼルフィッシュの品種です。
透明鱗(ブラッシング)が複合しているので、白い部分に透明感が出ています。


ブロンズプレコ

↑「ブロンズプレコ」

つやの無い灰色の体色と、体の継ぎ目が黒い線状に目立つ小型プレコです。

ブロンズプレコ

↑こちらは混じりで入荷する白いスポット模様の個体です。
スポット以外にも地肌の色が濃いところなど普通のブロンズとは印象が違いますが、ブロンズプレコと区別されずに入荷します。
今回は5匹中1匹がこのタイプです。頻繁に混じるので珍しくは無いんですが結構綺麗だと思います。


ロイヤルファロウェラ

↑「ロイヤルファロウェラ」

美しい体型から人気のある吸い付きナマズです。
二匹入荷したので並べて画像にしました。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード