13.6.4 入荷情報 「アグアプレコの幼魚が入荷しました」

皆さんこんにちは。
今回は少なめです。
久しぶりにアグアプレコの幼魚が入りました。

■大きめの北米淡水カレイがいます

北米淡水カレイ

入荷では紹介していませんが、8cmサイズの北米淡水カレイです。
普段入荷するのが親指の先くらいの個体ですが、このくらいになると手のひらくらいの大きさになります。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

アグアプレコ
アグアプレコ

↑「アグアプレコ 4cm」

尾びれがフィラメント状に長く伸びる優雅な印象の大型プレコです。
黒に白いスポットが多数入る体色は幼魚個体の特徴で、成長とともにスポットがまばらになり30cmを越えるあたりでほとんど目立たなくなります。


トラコハチェット
↑「トラコハチェット」

ハチェットの仲間にはマーブルハチェットなど色々な模様を持った種類がいますが、
このトラコハチェットは模様がほとんど入らず、代わりにアルミホイルを張ったような
ギラギラとした光沢が全身に入るのが特徴です。
ハチェットの仲間としてはレヴィスハチェットに次いで大型になる種類です。

トラコハチェット

静止画像だと今ひとつこの光沢がわかりにくいんですが、
ちょうど綺麗に光った写真が撮れたと思ったらペンシルフィッシュに横切られてしまいました。


ゴールデンテトラ
↑「ゴールデンテトラ(アームストロンギィ)」

全身に銀色の光沢が入る小型テトラです。
元々地肌が鈍い銀色の体色のテトラは多いですが、こちらはバクテリアの一種が寄生した時に
グアニンと呼ばれる強い金属光沢を持った物質の層を作ることで光を反射してギラギラと光ります。
単に「ゴールデンテトラ」としてこの光沢が金色になるヘミグラムス・ロドウェイという種類も知られていますが、
今回入荷したのはヘミグラムス・アームストロンギィという種類で、光沢の下に青いラインが入っているのがよく見ればお分かりいただけると思います。
この光沢は長く飼育しているとじわじわ抜けてきて、いずれ鈍い銀色に青い光沢のラインというテトラになりますが、その状態でも結構綺麗です。


ライヤーシルバーモーリー
ライヤーブラックモーリー

↑「ライヤーモーリー各種」

シルバーモーリーとブラックモーリーの2種類のライヤー(各ヒレが伸びる品種)個体が入荷しています。
以前入荷したオレンジモーリーも近くの水槽にストックしていますので、比べて見てください。
シックな体色のシルバー、ブラックと鮮やかなオレンジモーリー、いずれも魅力的です。

シルバーモーリーはコケを食べているのか、ヒーターや底砂をパクパクしていました。


スーパーデルタテールベタ

↑「スーパーデルタテールベタ」

スーパーデルタベタが追加で入荷しています。
どちらも青系と赤のマルチカラーですが、
片方が濃い青に赤、もう片方が淡い水色に赤となっています。


アルビノセルフィンプレコ
アルビノセルフィンプレコ

↑「アルビノセルフィンプレコ」

セルフィンプレコのアルビノ個体で、ある程度成長した個体です。
こげ茶色の体色の原種とは対照的に明るい肌色をしたアルビノ個体ですが、
大きくなってくると原種の網目模様が背びれや地肌に浮き出ているのがわかるようになります。


琥珀メダカ

↑「琥珀メダカ」

メダカの改良品種の一つです。
地肌は茶色っぽく、背中や腹部の縁など体の周辺部がオレンジ色になります。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード