13.12.3 入荷情報 「プレコとアピストがメインです」

皆さんこんにちは。
今回はプレコ、アピスト、グッピーなどが入荷しています。

■ハリソニーペンシル、状態良好です!

ハリソニーペンシル

先日入荷したハリソニーペンシルです。
まだ何匹か痩せ気味の個体はいますが、大部分の個体は体がふっくらして体色も健康的なツヤが出て状態が上がっています。
赤いリップのような口元がかわいいです。

ペンシルフィッシュ

↑こちらの写真の右隅のペンシルはハリソニーに混じってきたベックフォルディペンシルです。
ブリード個体がコンスタントに入ってくる種類ですが、ワイルド個体の入荷は少ないです。
色もブリードものより鮮やかで、ある意味貴重なペンシルかも。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

スカーレットトリムプレコ
スカーレットトリムプレコ

↑「スカーレットトリムプレコ 7cm」

前回入荷した個体はすぐに売約になったので、再入荷しています。
腹びれから赤くなっているようで、これから他のヒレも赤くなってくれると思います。


パラグアイゴールデンブッシープレコ

↑「パラグアイゴールデンブッシープレコ 5cm」

黄色い体色に青みがかった銀色の目が特徴のブッシープレコです。
アルビノブッシープレコのようなスポットブッシー系のプレコではなくパラグアイ産の別種のブッシープレコを元にブリーディングされたもので、体に模様が入らず鮮やかな山吹色になります。
紹介された当初より入荷サイズが大きくなってきていますが、今回は5cmと特に大きめです。
一部ヒゲが生え始めている個体もいます。

パラグアイゴールデンブッシープレコ

上の写真の顔のアップ。
ブルーアイプレコのようなはっきり青い目ではないんですが、黄色い体と相まってよく目立ちます。


アピストグラマ・マウスブルーダー

↑「アピストグラマ・バルロウィ"マウスブルーダー"(ペア)」

赤い地肌に大きい青いスポットが入り、尾びれが下側にオレンジ色が入るライヤーテールをした美しいアピストです。
「バルロウィ」という学名になじみの無い方もいるかもしれませんが、「マウスブルーダー」という別名は以前からよく知られています。
数年前に学名が付いたのでだんだんバルロウィという名前も浸透しているようです。
マウスブルーダーというのは雌が口に稚魚をくわえて育てることから付けられた名前で、雄雌ともに口が大きくてアピスト離れした顔つきをしています。


アピストグラマ・トリファスキアータ

↑「アピストグラマ・トリファスキアータ(ペア)」

やや小型のアピストグラマで、トサカのように伸びた背びれと青白い光沢の乗った体色が特徴です。
入荷してすぐのわりに色が出ていますが、色揚げの可能性があるので一旦少し色落ちするかもしれません。
ただ、仮に色が落ちても長く飼育すればこのくらいの色は出るはずです。


アピストグラマ・アガシジィ ファイヤーレッド

↑「アピストグラマ・アガシジィ"ファイヤーレッド"(ペア)」

改良品種、地域変異の多いアガシジィの中でも、特に変わった体色をした品種です。
黒いバンドが消失して体全体が明るい色になり、オレンジに白、紫などのパステル調の色彩が入ります。


国産RRE.Aネオンタキシードグッピー

↑「国産RRE.Aネオンタキシードグッピー(ペア)」

再入荷です。
透明感と涼しげな体色が好評なグッピーです。


ゴールデンフルレッドグッピー

↑「国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)」

ボディから尾びれまで赤くなるフルレッドと、体に黄色みが入るゴールデン体色の組み合わせです。


フロントーサ

↑「フロントーサ」

タンガニーカ湖産のアフリカンシクリッドです。
水色と紺色の縞模様が特徴で、成長するにつれておでこが出てきて体も青みが増してきます。
最終的に30cm近くになる種で、大型の水槽でゆったりと飼うのに向いています。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード