13.12.13 入荷情報 「ブルー系ラミレジィ2種です」

皆さんこんにちは。
金曜日の更新は久しぶりです。
ラミレジィの目新しい品種が2種類と、プレコやアフリカ産の魚などが入荷しています。
次回の火曜日も色々紹介できると思います。

■レインボーらしい色になっています

レインボースネークヘッド

先日入荷したレインボースネークヘッドがよく発色してきました。

レインボーラミレジィ

こちらはレインボーラミレジィです。
上半身を中心ににじんだような黒い色が出ています。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

ブリリアントラミレジィ

↑「ブリリアントラミレジィ」

ラミレジィの改良品種です。
コバルトブルーラミレジィのような光沢が全身に入りますが、元の模様も程よく残っています。
大きめの個体が1匹いて、そちらは売約になっていますがドイツラムのいい個体のように体高の高いたくましい体型をしています。
他の個体もそこまで大きくなってはいないですが、いい色彩を出しています。おすすめの魚です。


コバルトブルーラミレジィハイボディ

↑「ハイボディコバルトブルーラミレジィ」

こちらはコバルトブルーラミレジィですが、体高の高い系統です。
ブリードラミレジィには体がスマートというか、あまり体高の出ないものも多いですが、
ハイボディ個体は大きくなると体型に特徴が出てくると言うことです。


タパジョスグレイトリム

↑「タパジョスグレイトリムプレコ 6cm」

灰色をベースにしたモノトーンの体色が特徴のトリムプレコです。


アフリカンナイフ

↑「アフリカンナイフ 11cm」

ナイフフィッシュというと「大きくなる」「攻撃的」という点で、あまり大きい水槽を用意できない方には敬遠されがちな魚ですが、
このアフリカンナイフは最大で20cm程度、性質もナイフフィッシュにしてはとてもおとなしいのが特徴です。
本種に食べられるような小さい魚、逆に本種を攻撃・捕食するような魚を除けば混泳も可能です。
突き出した大きい口が特徴のアジア産のナイフに比べて、丸顔で目が大きくてとてもかわいらしいです。


レオパードクテノポマ

↑「レオパードクテノポマ 3cm」

名前を省略されて「レオクテ」と呼ばれることもあります。
盛んにブリードされている、クテノポマの仲間では入荷の多い種類です。
茶色にこげ茶色の豹柄のようなスポットが入る、実にアフリカらしい模様が特徴です。
グラミーの親戚くらいのポジションの魚ですが、しっかり成長させて20cmを越えるくらいになると
体の厚みが出てきてオスカーみたいな迫力が出てきます。
性質は荒めですが、頑丈な相手を選べば混泳も可能です。


ドワーフスネークヘッド国産BR

↑「ドワーフスネークヘッド国産ブリード 3cm」

国産ブリードのドワーフスネークヘッドです。
レインボースネークヘッドと並んで小型のスネークヘッドとして知られている魚です。
まだ小さいですが、そのうち色が出てくると思います。


チェッカーボードシクリッド

↑「チェッカーボードシクリッド」

チェッカーボードのように、角ばったスポットが全身に入るドワーフシクリッドです。
この目立つ模様がかわいらしいのですが、成長した雄はさらに青やオレンジの色彩が出てきて、
背びれや尾びれの端がこいのぼりの吹流しのように後方へ伸びてとても綺麗になります。


トーマシー

↑「アノマロクロミス・トーマシー」

ラミレジィのアフリカ版のような感じの小型のシクリッドです。
巻貝をよく食べるのでスネールの退治に利用されますが、青いスポットが並ぶ体色もなかなか綺麗で、
成長とともに黒いバンドやヒレの青、オレンジの縁取りなども発色します。
ただ、ラミレジィなどに比べて性格が荒めなので、混泳水槽での取り扱いは注意が必要です。


ゴールデンアカヒレ

↑「ゴールデンアカヒレ」

アカヒレの黄変種です。
鮮やかな黄色い体色と、ヒレやラインの赤の取り合わせが綺麗です。
ノーマルのアカヒレと同じく、今の時期でもヒーターなしで飼えるのが嬉しいところです。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード