13.12.17 入荷情報 「オリンピック・ペンシルフィッシュ」

皆さんこんにちは。
ナノストムス・エスペイが久しぶりに入荷しました。
コリドラスの調整完了も2種類います。

■コリドラス水槽が充実してきました

コリドラス水槽

入ってすぐのコリドラス水槽です。
販売水槽でもあるんですが、コリドラスの魅力を知ってもらいたくて色々な種類を泳がせています。
ゴッセイやセウシィ、シミリス、ロビネアエなど色々な模様のコリがいますが、
種類が違っても1匹が泳ぎだすと他のコリドラスも付いて泳ぎだし、1m以上の幅の水槽を左右にコリドラスの群れが動いていく様子が見られます。
群れの中にいても同じコリドラス同士は一緒にいることが多くて面白いです。

アピストグラマ・バルロウィ

アピストグラマ・バルロウィ(マウスブルーダー)です。
最初に写真を載せた時はヒレを閉じていたのでちょっと心残りだったのですが、
正面に出ることが多くなりヒレを綺麗に開いたところも撮れました。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

ナノストムス・エスペイ
ナノストムス・エスペイ

↑「ナノストムス・エスペイ」

5つの黒いスポットが体に均等に並ぶペンシルフィッシュです。
入荷しない時は全く入荷しなくなり、かつては「4年に1度」と言われた入荷間隔から「オリンピックフィッシュ」とも称されていました。
最近はそこまで間隔の空くことはないですが、一旦入荷した後は半年や1年くらい入荷の無いことも多いです。
貴重さとペンシルフィッシュ離れした模様の両方の理由で人気の高いペンシルです。
ちなみに、この5つのスポットはちょうどオリンピックの5つのマークっぽくないでしょうか?
オリンピックに関連づけて呼ばれるのはこの模様のせいなのかもしれません。


アピストグラマ・ディアマンテ

↑「アピストグラマ・ディアマンテ(ペア)」

顔がボレリィ"オパール"の模様をさらに細かくしたような赤と青い光沢の模様が入り、黒目がちの目と青みのある唇、体側に並ぶ細かい斑点など独特の特徴を持ったアピストグラマです。
そこそこ元気ではあるんですが、まだ落ち着いていないようです。色も本来の色ではないですが、一応現状の外見を載せておきます。環境を整えた上で今後じっくり調子を上げていき、写真の撮り直しなども行っていく予定です。


ドイツラム

↑「国産ドイツラム」

ラミレジィには改良された国ごとに系統が存在しますが、このドイツラムはドイツで改良された系統の子孫です。
ブリードの過程でバリエーションが生じていますが、典型的な特徴としては青い光沢が強くなり、体高のある体型とされています。
黄色、オレンジの強いオランダラム、赤紫、青を基調としたドイツラムという印象です。


バジス・バジス

↑「バジス・バジス」

バジスの仲間としては古く知られている種類です。
バジスの仲間は小型のスカーレットジェムを始めとして色々な種類が近年になって紹介されていますが、
手頃な値段や飼いやすさからバジス・バジスもポピュラーな観賞魚として親しまれています。
気分によってみるみるうちに体色の変わる習性で知られています。
写真に写っているのは模様や色の出ていない手前の小さめの個体、後の赤みの出た個体がいますが、
他に黒い縞模様が強くでた状態、さらにそこに強い青みが乗った状態などに変化します。
小競り合いや餌の時間に興奮した時に色が変わりやすいです。


レッドスポットゴールデンセベラム

↑「レッドスポットゴールデンセベラム (小)」

南米産の中型シクリッドであるセベラムの改良品種で、古くから知られているゴールデンセベラムをベースに体に入るスポットをより鮮やかに、緻密にした品種です。


トラコハチェット

↑「トラコハチェット」

大型になるハチェットで、学名の「トラコカラックス」からこの名前で呼ばれます。
目だった模様はありませんが、光の当たり方でプラチナエンゼルのような白く明るい光沢になります。


ファロウェラ

↑「ファロウェラ」

観賞魚としては若干マイナーな吸い付きナマズですが、
枯れ枝に擬態した細長い体型から魚の図鑑などで見た人も多いのではないでしょうか。
コケを食べますが、ややデリケートなところがあるので静かな環境を好みます。


コリドラス・ロレトエンシス

↑「コリドラス・ロレトエンシス」

他のコリドラスと比べると体高が低くてスマートな体型で、頭部が角ばって小さめな独特の体型をしています。
この体型で背びれがよく伸びるので、ガラス細工のような繊細な見た目のわりにコリドラス水槽では存在感を発揮してくれます。


コリドラス・ペルーボンディ

↑「コリドラス・ペルーボンディ」

尾びれの付け根に入るラインが特徴のコリドラスです。
この特徴がコリドラス・ボンディに似ていることからこの名前で呼ばれますが、
ボンディの入荷があまり無いのでイメージしづらいかもしれません。
尾びれの付け根の模様以外はボンディとはあまり似ておらず、明るく白い体にはっきりしたスポットが入り、
背びれの前縁が黒くなるかわいらしい模様をしています。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード