14.1.14 入荷情報 「ホタルの光のようなテトラです」

皆さんこんにちは。
今回はホタルテトラなどの小型テトラ、小型魚を中心に入荷しています。

■マグナムプレコ2種

ブラックウィズホワイトマグナム

年末に入荷していたブラックウィズホワイトマグナムです。
落ち着いて色が出てきたので撮影しなおしました。
捕まえた時に興奮して少し色が飛びましたが、実物はもう少しコントラストが強いです。

ゴールドエッジマグナム

こちらはゴールドエッジマグナムの大型個体です。
とにかく迫力があって、ヒレの色も結構綺麗に出ています。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

オレンジホタルテトラ
ディープレッドホタルテトラ

↑「オレンジホタルテトラ&ディープレッドホタルテトラ」

尾びれに光る斑点の入る小型テトラ、「ホタルテトラ」のバリエーションです。
まずホタルテトラ(オレンジ)ですが、光る斑点がオレンジ色に光るタイプです。
体の色の発色は色々ですが、今回入荷した個体は綺麗なイエロー~オレンジの光沢がよく出ています。
ディープレッドホタルテトラはわりとおなじみのテトラだと思いますが、
入荷するようになったのは普通のホタルテトラよりは最近です。
最初の頃はかなり高価でしたが、現在は普通のホタルテトラとあまり差の無い
お手頃な値段に落ち着いています。
既にそれなりに赤くなっていますが、発色が本格的になると尾の斑点が目立たないくらいの赤になります。


ダリオ・ヒスギノン

↑「ダリオ・ヒスギノン」

バジスの仲間のうち、スカーレットジェムなど小型の種類が「ダリオ属」として分離されましたが、
ダリオ・ヒスギノンはその一つで、縞模様のスカーレットジェムに対してこちらは一色になります。
雄は全身がオレンジ~赤になり、成魚はまるでミニチュアのベタのように見える魅力的な魚です。


ベタ・インベリス

↑「ベタ・インベリス」

ワイルドベタとしてはポピュラーで値段も手頃な、飼育の入門種としてもおすすめできる種類です。
青い各ヒレに赤い縁取りが入り、ブラックのボディには青いスポットが並びます。
原色の改良品種のベタとはまた違った、野性的な魅力のあるベタです。


アプロケイルス・スマラグド

↑「アプロケイルス・スマラグド」

インド産の卵生メダカの仲間です。
スマラグド(エメラルド)という名前の通り、蛍光色を帯びた黄色~ライトグリーンの体色が特徴です。
7-8cmほどになり活発な魚なので、本種のように少し大きめで丈夫な小型魚との混泳が向いています。
例えば、中型レインボーフィッシュと大きめの水槽で混泳させると鮮やかな水槽になるのではないでしょうか。


ドワーフグラミー

↑「ドワーフグラミー(ペア)」

体に斜めに入る、オレンジとメタリックブルーのライン模様が特徴のグラミーです。
この模様の青を強調した品種、オレンジを強調した品種がそれぞれ作出されていますが、
それぞれの色がバランスよく含まれた原種もとても綺麗です。


レッドテトラ

↑「レッドテトラ」

一般種ですが、ホタルテトラも紹介したのでこちらにも触れておきます。
ホタルテトラと同じくらい(3cm前後)の、小型テトラの仲間の中でも小さいものの一つです。
全身が透明感のあるオレンジになるのが特徴で、値段もお手頃なので群れでの飼育がおすすめです。
温和で混泳にも向いているので、ホタルテトラとの相性もぴったりです。


ホワイトダイヤモンドネオンテトラ

↑「ホワイトダイヤモンドネオンテトラ」

ネオンテトラの改良品種としては比較的新しい品種です。
ダイヤモンドネオンテトラ(上半身の青いラインが入る部分が全体に青白い金属光沢になる品種)の
白変種で、ラインが目の周辺だけに入っているのでボディの白さが引き立っています。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード