14.1.17 入荷情報 「ベタやコリドラスなど、色々紹介してます!」

皆さんこんにちは。
今日は小型魚を中心に色々入荷がありました。
調整完了のコリドラスもいます。

■レインボーラミレジィ

レインボーラミレジィの発色がとても良くなっています。

レインボーラミレジィ

入荷してからしばらくはパッとしない感じでしたが、現在のところ頭部のオレンジとブルーのスポットがよく出て、
本種の特徴である滲んだような発色も引き立っています。
原種のラミレジィに比べて虹色のように色が多いわけではないですが、
この透明感のある色合いがレインボー(虹)の由来なのではないかと思いました。
至近距離で色素の一粒ずつがわかるくらいよく撮れたので、いつもより一回り大きく画像を作ってみました。
是非クリックで拡大してご覧いただければ嬉しいです。

■おすすめの入荷魚
(他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

ベタ プラカットレッドドラゴン
ベタ プラカット ブラックドラゴン

↑「ベタ プラカット レッドドラゴン&ブラックドラゴン」

ベタのうち、より野生に近い体型を残した系統の「プラカット」です。
ボディの色に光沢のある白銀色が乗るドラゴン系の品種で、
赤と白の対比が華やかなレッドドラゴンと、モノトーンの渋い体色のブラックドラゴンの2匹が入荷しています。


メニーバータイガー サンダルバン

↑「メニーバータイガー サンダルバン産」

ダトニオの仲間としては特異な体色の種類です。
銀色の光沢のある体に6本のバンドが入ります。
サンダルバンというのは、バングラデシュ南部のSundarbansという地名で、
河口のマングローブが繁茂した地域とのことです。

メニーバータイガー

サイトに掲載した写真では暗いところにいて色もくすんでいますが、
明るい綺麗な色の出たところも撮れました。


メタリックゴールデンエンゼル

↑「メタリックゴールデンエンゼル」

こちらは前回入荷していたんですが、状態を確認していたので今回紹介します。
ゴールデンエンゼルの明るい体色にヒレの赤い縞模様がとても綺麗な品種だと思います。


コリドラス・アドルフォイ

↑「コリドラス・アドルフォイ(ワイルド)」

コリドラスはいつもどおり調整完了個体の紹介になります。
明るい白・オレンジ・黒のトリコロールの体色から、古くから人気のあるコリドラスです。
大きめのワイルド個体で、体のつやも綺麗に出ています。
最近は模様の似たデュプリカレウスが主流になっていますが、
この背中の細いラインがアドルフォイの特徴です。
ラインが細い分体の白さがよくわかります。


コリドラス・ロビネアエ

↑「コリドラス・ロビネアエ」

体から尾びれの先までグレーと白の縞模様が続いて入る、
独特の模様のコリドラスです。
カラープロキロダスやフラッグテールポートホールキャットなどと同様、「フラッグテール」と呼ばれる模様ですが、コリドラスでこの模様を持つのは本種のみです。
オンリーワンの魅力のあるコリドラスと言えるでしょう。
体型もセミロングノーズとはまた違った感じの顔つきで、とてもスマートな体型をしています。


コリドラス・レオパルドゥス

↑「コリドラス・レオパルドゥス」

いわゆるロングノーズジュリーと呼ばれる、セミロングノーズ体型にジュリーやトリリネアトゥスと似た模様が入るコリドラスです。
トリリネアトゥスよりも太い網目模様が入るタイプをよく見かけますが、
今回入荷したのはジュリーのような細かいスポットが入っていて珍しいです。


アスピドラス・パウキラディアタス

↑「アスピドラス・パウキラディアタス」

コリドラスにそっくりですが、近縁のアスピドラスと呼ばれるナマズです。
ちょうどコリドラス・ハブロススと同じくらいの小型種で、
わりと身軽に水草の上に乗ったりすることもあります。
体色は背中にオレンジのラインが入り、スポット模様が体に入ります。


コリドラス・デルファクス

↑「コリドラス・デルファクス」

アガシジィとよく似たスポット模様を持ったセミロングノーズコリドラスです。
雄の背びれが伸びやすい種類で、まだ若いですが将来有望な個体が何匹かいます。


ハーフブラックグラスグッピー

↑「国産ハーフブラックグラスグッピー(ペア)」

当店では初めて入荷するグッピーです。
黒い尾筒と黄色っぽいグラス模様をしています。


ガラスのブルーグラスグッピー

↑「国産ガラスのブルーグラスグッピー(ペア)」

「ガラスのグラス」と呼ばれる、透明感があり模様の細かいグラスタイプのグッピーがいますが、
そのブルーグラスタイプの品種です。


カバクチカノコガイ

↑「カバクチカノコガイ」

南西諸島に生息するカノコガイの仲間です。
コケ取り能力が高いです。


ロックシュリンプ

↑「ロックシュリンプ」

ザリガニのようなごつい体を持った、大型のヌマエビです。
見た目と違って性質はとてもおとなしくて他の生態を襲うようなことはなく、
うちわのように毛の生えた捕脚(口の周りの手)で水中の微生物や有機物をかきあつめて食べます。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード