14.4.18 入荷情報 「アフリカンロックシュリンプなど、エビが色々入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回はアフリカンロックシュリンプ、プンティウス・フィラメントーススが久しぶりに入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (他にも色々入荷しています・中野愛魚園入荷情報)

バットマンアンジェリカスプレコ

↑「アフリカンジャイアントロックシュリンプ 3.5cm」

アフリカ産の大型のロックシュリンプです。普通のロックシュリンプもヌマエビの仲間としては大型ですが、こちらのアフリカンジャイアントは10cmを超え、前足も大きく発達します。今回入荷したものはまだ若い個体なのでかわいい感じで色も薄いベージュですが、大きくなるにつれて青みを帯びます。是非立派な個体に育ててみてください。

参考に、↓に昔入荷した大型個体の写真を掲載しておきます。
このくらいの大きさになるとそれなりに値段も高くなりますが、テカリのあるブルーの体や鬼の金棒のような前足がとても魅力的です。

アフリカンジャイアントロックシュリンプ

インディアングリーンシュリンプ

↑「インドグリーンシュリンプ」

ミナミヌマエビも緑色を帯びることがありますが、このインドグリーンシュリンプの緑の鮮やかさは蛍光グリーンを思わせるような発色です。

インディアングリーンシュリンプ

発色には個体差があり、上の写真のようなもの、やや青白いもの、薄茶色がかったものがそれぞれ1/3ずつくらいの割合でいます。

国産ビーシュリンプ

↑「国産黒ビーシュリンプ」

少量が入荷しています。元祖ビーシュリンプやニュービーシュリンプと比べると、白がしっかり乗ったくっきりした縞模様が特徴です。

プンティウス・フィラメントースス

↑「プンティウス・フィラメントースス」

最大で13cmほどになる中型のバルブです。まだ若いので尾びれの付け根のスポットと、尾びれの先の赤いスポットがわかる程度ですが、成長するにつれて体の光沢が出てきて、青みを帯びたメタリックグリーンの美しい体色になります。学名は「糸状の」という意味ですが、背びれの軟条がクシのように伸びるのが由来です。

こちらも、以前入荷した個体の写真を載せておきます。少し大きめで、体の色が少し出ているのがわかると思います。

プンティウス・フィラメントースス

バットマンアンジェリカスプレコ

↑「バタフライフィッシュ」

アロワナに近縁な古代魚です。小型なので古代魚らしい迫力はありませんが、普通の魚と違った独特のヒレの付き方や顔つきなどは味わえると思います。水面下を静かに漂っていることが多いです。

ブラックエンペラーテトラ

↑「ブラックエンペラーテトラ」

エンペラーテトラの改良品種で、原種では体の下側に入るラインが拡大して全身から尾びれまで黒くなります。

シルバーチップテトラ

↑「シルバーチップテトラ」

金色の体と、各ヒレの先端にある白いチップ模様が特徴の小型テトラです。活発なので泳ぐたびにこの白い模様が動いてかわいらしいです。

プラチナエンゼル

↑「プラチナエンゼル」

光沢のある白い体が特徴のエンゼルです。今回は黒いブラックエンゼルと一緒にストックしていますが、対照的な体色が面白い感じです。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード