16.5.24 入荷情報 「ハイブリッドプレコ、今度は黒白系です」

皆さんこんにちは。
先日ハイブリッドのトリムプレコが入荷して好評でしたが、
また別バージョンのハイブリッドプレコが入荷しています。

 

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)  

キングオブギャラクシー×オレンジフィンレオパードトリムプレコ

↑「キングオブギャラクシー×オレンジフィンレオパードトリムプレコ 3cm」

先日オレンジトリムとオレンジフィンレオパードのハイブリッド個体が入荷しましたが、今回はキングオブギャラクシーとオレンジフィンレオパードのハイブリッドです。
幼魚サイズなので今後変化すると思いますが、今のところ体の色・模様はキングオブギャラクシーで、ヒレの模様はオレンジフィンレオパードの模様に似ています。


バットマンアンジェリクスプレコ

↑「バットマンアンジェリクスプレコ

胸びれが長く後ろに向かって伸びるので「バットマン」の名前のあるプレコです。
平べったい体型に白い水玉模様が多数入ります。
エラ蓋のトゲも発達し、刺激すると↑の写真のように逆立てます。
このエラ蓋のトゲや、体型や模様などスパングル系プレコに特徴が似ています。


香港ビーシュリンプ

↑「香港(元祖)ビーシュリンプ」

元々「ビーシュリンプ」として入荷していたタイプです。
その後ニュービーシュリンプや、ビーシュリンプから品種改良されたエビなどが流通するようになって
区別するために「香港ビーシュリンプ」「元祖ビーシュリンプ」などの名前で知られるようになりました。

ニュービーシュリンプと比べると目の付け根が白く、尾びれや顔のオレンジ色が強いのが特徴です。


インドグリーンシュリンプ

↑「インドグリーンシュリンプ」

インド産のヌマエビの仲間です。
水草に紛れるような透明感のあるグリーンが特徴です。
色は周囲の環境などで変わることがあり、黄緑色~緑がかった褐色になります。
体にロックシュリンプのような、木目模様が入る個体もいます。
(微妙な色や模様の違いがあるので、色んな個体を写真に入れてみました)

エビ色々

ビーシュリンプとグリーンシュリンプ、レッドチェリーシュリンプが一緒の水槽に入っています。
色の違うエビが並ぶとまた綺麗!


マーサハチェット

↑「マーサハチェット」

マーブルハチェットより一回り小さいハチェットです。
体に目立つ模様が無いのでシルバーハチェットにも似ていますが、
分類としてはマーブルハチェットに近い種類です。
よく見ると腹に沿って黒いライン模様があり、体にもマーブルハチェットのような
光沢の模様が入っているのがわかります。


ゴールデンデルモゲニー

↑「ゴールデンデルモゲニー」

東南アジア産の淡水性の小型サヨリの仲間です。
サヨリらしく、下顎が伸びています。


ブラックエンゼル

↑「ブラックエンゼル」

全身が黒くなるエンゼルフィッシュの品種です。



■環境への適応

アフリカンロックシュリンプ

アフリカンロックシュリンプ"カメルーンブルー"

アフリカンロックシュリンプは青色が少し出てきました。
先日の写真は入荷したばかりで物陰に引っ込んでしまうので、
網で出てきてもらって撮影したためいまひとつ不自然でしたが、
最近は表に出てきて自然な様子が見られるようになりました。

↑の写真は歩きながら餌を集めている様子です。
ロックシュリンプといえば、下の写真のようにブラシのような手を水流にかざして餌を食べる性質ですが、

アフリカンロックシュリンプ

水槽内では自然界のように上流から微生物、有機物が流れてくるようなことはあまり無いので、うまく適応すると底砂に落ちている餌を手で集めて食べるようになります。



クーリーローチ

クーリーローチ

アマゾンソードに集まって、クーリーローチの巣のようになっています。
底砂にも潜りますが、このように何かに寄り添うのが好きなようです。
よく見るとスポッテッドトーキングキャットも一緒に挟まっています。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 プレコ

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード