16.11.1 入荷情報 「プレコ、ワイルドカラシンなど入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回はレアなカラシン(テトラ)やプレコのワイルドものが色々入っています。
タイガー柄模様のプレコの綺麗どころや中型プレコカラシンはあの人気のペンシルフィッシュ、
変わった繁殖のしかたで知られるカラシンなどがいます。

11/3(木)は祝日ですが、定休日のためお休みさせていただきます。
よろしくお願いします。


■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)  

アレンカーブロードバンドタイガープレコ

↑「アレンカーブロードバンドタイガープレコ 9cm」 

ワイルドディスカスで有名なアレンカー産のブロードバンドタイガープレコです。
9cmと大きめで立派な体格をしています。

ブロードバンドタイガープレコは黒いバンドが太めで、なおかつバンドとバンドの間隔が空いていて
地肌の面積も広くて綺麗に見えるプレコです。
同じようなバンド模様でも細部が違うタイガー模様のプレコが、色々な産地から入荷します。
こちらのアレンカー産のブロードバンドは、ややオレンジ色が強く見えるのと頭部の模様がスポット模様をちりばめたような感じになっています。


タパジョスサンダーペコルティア

↑「タパジョスサンダーペコルティア 7cm」 

ブロードバンドタイガーに似ていますが、地肌の色が明るくまたバンド模様が比較的ランダム性が強いプレコです。
稲妻のようにバンドがギザギザに入る個体もおり、この名前が付いています。
こちらの個体は背中や尾びれの模様がそういう感じになっていますね。
入荷したばかりですが、黒いバンドがわりとよく出ています。


ニュータイガープレコ グァマ

↑「ニュータイガープレコ グァマ 7cm」 

ニュータイガープレコはノーマルのタイガープレコと同様、小型のパナクエの姿をしたプレコです。
ブロードバンドやサンダーペコほどではないですが、こちらも地肌の黄色~オレンジ色が広く出るのが特徴です。
また、頭部に向かうにしたがってバンド模様が急激に細かくなり、写真のように複雑な模様になります。
それでいて模様の際はくっきり見えるので、楽しめると思います。

リオ・グァマはアマゾン川河口のべレンに近い水域で、こういう産地のニュータイガーはわりと珍しいです。
よく見られるニュータイガーよりオレンジ色がかっているように見えます。



クイーンインペリアルタイガープレコ

↑「クイーンインペリアルタイガープレコ(ワイルド) 4cm」 

クリームイエローの地肌に黒いバンド模様が入る小型プレコです。
他のタイガー系プレコに比べて、バンドの縁がとてもくっきりしています。
人気の高いプレコですが、最近入荷が少ないです。

クイーンインペリアルタイガープレコ

本来もっと綺麗なんですが、入荷直後でバンドや地肌の色が飛んでいるので
とりあえず現状の紹介ということで写真を掲載しておきます。
3匹入荷しています。また色が出てきたらより良い写真に差し替えていく予定です。


オレンジフィンカイザープレコ

↑「オレンジフィンカイザープレコ 7cm」 

しっかりしたサイズで、スポットもびっしり入っているなかなかいい個体だと思います。
地肌の黒色はもっと綺麗に出ているんですが、カイザー系プレコは撮影のために捕まえると
他のプレコより緊張しやすいのか色が飛びやすいのでこういう色になっています。
こちらもそのうち撮影しなおします。


ドラゴンスタークラウンプレコ

↑「ドラゴンスタークラウンプレコ 10cm」 

大きめサイズです。
小型プレコにいるスタークラウンとは別属の中型プレコで、
同じようなグレー~黒にスポット模様が入りますが、
体型や顔つきがだいぶ違います。
最大で25cmほどになりますが、今のサイズでも迫力があるのがわかると思います。


コロンビアドワーフホプロキャット

↑「コロンビアドワーフホプロキャット 5cm」 

バンデッドホプロが人気だったので、こちらも入荷してみました。
あまり大きくならないタイプのホプロキャットです。
コリドラスと比べてヒゲが長いのがホプロの特徴ですが、特にドワーフは体が小さい分とても長く見えます。


ナノストムス・エスペイ

↑「ナノストムス・エスペイ」 

ペンシルフィッシュというと黒いライン模様のイメージがありますが、このエスペイは全く違い、5つの斑点が斜めに入るとても特徴的な模様をしています。
この模様と入荷の少なさから人気の高いペンシルです。
今でも一度入荷したら1年以上間隔が空くこともありますが、かつてはもっと入荷が少なく数年ほど入荷が無いこともあり、「4年に一回のオリンピックのような魚」という意味で「オリンピックフィッシュ」とも呼ばれることもありました。

たまたま今年はオリンピックの年ですが…
よく見ると5つの丸い模様もオリンピックのマークに似ていて、「オリンピックフィッシュ」にはそういう意味もあるのかもしれないですね。


ボリビアンレモンテトラ

↑「ボリビアンレモンテトラ(ブリード)」 

当店初入荷のレモンテトラのバリエーションです。
体色の黄色が強く、ヒレの色がオレンジになってとても鮮やかに見えます。
(今回は写真写りが今ひとつですが、実物はもっと綺麗です)

以前はワイルドものやヨーロッパブリードしか入荷が無く高価な種類でしたが、現在は比較的お手ごろになっています。
体高もあるので少数水槽に入れるだけでもとても存在感が出ます。


ルブラインテトラ

↑「ルブラインテトラ」 

体の中央に赤いラインが入り、目の上にも赤い色があります。
いわゆる「赤目赤線テトラ」と呼ばれるもののひとつです。
ルブラ(赤)+ラインということでルブラインテトラと呼ばれます。

産地や模様の違う色々な「赤目+赤線」模様のテトラがいますが、
本種はワイルドもののテトラとしては値段がお手ごろなわりに発色も綺麗でおすすめです。



インペリアルゼブラプレコ ワイルド

↑「コペラ・アーノルディ」 

「コペラ」というカラシンはややマイナーですが、ペンシルフィッシュに近い種類です。
尖った顔つきは若干似ていますが、より活発に泳ぎます。
また、ヒレや体に赤みが出て特に雄はヒレも伸びて綺麗になります。

コペラの仲間でも、アーノルディは特徴的な繁殖形態で知られます。
雌雄ペアで水上にある植物の葉にジャンプしてそこに卵を産み付ける、水上産卵という方法をとります。
飼育下でもこの行動を再現した繁殖例が知られています。


インペリアルゼブラプレコ ワイルド


ホタルテトラ

↑「ホタルテトラ」 

今回はディープレッドホタルではなく普通のホタルが入荷しました。
ノーマルホタルとして入荷しても色々なタイプが混じっています。
ピンク色やオレンジの体色が出ていて、尾びれの付け根のホタルスポットも
同様に色々な色が出ています。


レッドゲオファーグス ブリード

↑「レッドゲオファーグス ブリード 9cm」 

ブリード個体としては大きめサイズで、本種の特徴の綺麗な光沢やヒレの模様もしっかり出ています。



キングコングパロット

↑「キングコングパロット」 

大型になるとされるパロットファイヤーです。


タパジョスグレイトリムプレコ
ブラックウィズホワイトカイザープレコ

↑「タパジョスグレイトリムプレコ 5cm&ブラックウィズホワイトカイザープレコ 5cm」

再入荷です。


 

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : アクアリウム 熱帯魚 プレコ シクリッド カラシン

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード