16.11.25 入荷情報 「レインボー、アフリカンなどの美種が入荷しています」

皆さんこんにちは。
小型魚(レインボー、ドジョウ系)、シクリッド、中型カラシンなど
幅広く入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

ティミカ ファイヤーレッドレインボー(ペア)

↑「ティミカ ファイヤーレッドレインボー(ペア)」 

小型レインボーフィッシュの美種です。
メダカのような細身の体型に背びれ、尻びれが丸く広がるバタフライレインボーに似た特徴を持っていますが、黄色い体色のバタフライとは違い非常に鮮やかなオレンジレッドに発色し、さらに背中に沿って青い光沢が入ります。目が青く光るのはこの仲間の共通する特徴です。

今回は雌雄ペア販売となります。
写真の上側に写っている個体が雌で、雄よりは薄い色ですがこちらもオレンジ色が出ます。

ティミカ ファイヤーレッドレインボー(ペア)

背中の光沢がよりわかりやすい写真も載せておきます。
正面から見ると、先端がオレンジになり長く伸びる胸びれが良く目立ちます。


スキアエノクロミス・フライエリィ アイスバーグ

↑「スキアエノクロミス・フライエリィ "アイスバーグ"」 

フライエリィ(アーリー)のバリエーションです。
まだサイズが小さいのと入荷直後なので発色はあまりしていないですが、
背びれに太く白い縁取りが出るタイプです。しっかり発色すると背びれの付け根から顔まで白くなる個体もいます。
今回入荷した個体は水合わせ中は顔の周辺しか青くなっていませんでしたが、写真のように体側にも青が出始めています。背びれは少し白く縁取られているくらいですが、そのうちアイスバーグらしい特徴が出てくると思います。

↓過去の入荷個体から参考に…

スキアエノクロミス・フライエリィ アイスバーグ

こちらは昔入荷したドイツブリードのアーリーです。
この時は特にアイスバーグなどの品種名は付いていなかったんですが、アイスバーグに近い背びれから顔にかけての白い発色が出ていました。
ちなみにアイスバーグというのは「氷山」という意味です。
アーリーの青い体色が海に、白い背びれがその海に浮かぶ氷山に見えるのが品種名の由来かもしれません。




レッドフックメチニス

↑「レッドフックメチニス(調整中)」 

最近当店で人気のメチニス系の中型カラシンです。
尻びれが赤くなり、フック状に伸びてきます。
写真の個体はまだ若魚です。成魚になるとさらに尻びれが伸びます。


コリドラス・アルマータス ハイフィン

↑「コリドラス・アルマータス ハイフィン(調整中)」 

ロレトエンシスのように、頭部が角ばった顔つきになるラウンドノーズタイプのコリドラスです。
この体型のコリドラスはやや小型で体高が低いものが多いんですが、このアルマータスはロレトエンシスなどに比べて大きくなり、また背中にかけて盛り上がるように体高が出る独特の体つきをしています。
背びれが伸びやすいのもこのタイプのコリドラスの特徴ですが、本種は背びれが伸びるのに加えて棘条が黒くなってよりハイフィンな背びれを強調しています。


ホースフェイスローチ

↑「ホースフェイスローチ」 

馬面の顔が特徴ですが、クーリーローチに比べると落ち着いた色合いで
日本のシマドジョウなどに近い雰囲気のドジョウです。
この顔でよく底砂を掘ったり、砂に潜ったりする様子が観察できます。


パンダガラ

↑「パンダガラ」 

ドクターフィッシュと呼ばれるガラ・ルファと同じガラの仲間です。
ガラの仲間は地味なものが多いですが、本種は体が黒とクリームイエローのツートンカラーになり綺麗なので人気な種類です。
さらにヒレにピンク色の発色も出てきます。


スジシマドジョウ

↑「スジシマドジョウ(小)」 

無加温のメダカやアカヒレの水槽にもおすすめの底ものです。
縞模様が入り、マドジョウに比べてあまり大きくならない種類です。


アフリカンランプアイ

↑「アフリカンランプアイ」 

目の上部が青く光り、群泳が映える卵生メダカの仲間です。
熱帯魚なので保温は必要ですが、繁殖もしやすい種類です。


カラープロキロダス

↑「(再)カラープロキロダス」 

再入荷です。


 

■以前の入荷魚にも、紹介したい魚が色々います

バジス・バジス

キングロイヤルペコルティア

ゴールデンキングロイヤルのようなタイプが売り切れたので写真を差し替えておきます。
まだ写真の白黒タイプが3匹ほどいます。
いつもより写真が横長になっていますが、これはいつもの画像の縦横比で
2匹を写真に収めようとすると小さく写ってしまうので、サイトのレイアウトを少しいじって
横長の写真でも収まるようにしてみました。


カラープロキロダス

ニューレインボースネークヘッド

発色がよくなってきました。
スネークヘッドはこちらを見ると反応して寄ってきたり、カメラを構えると驚いて奥のほうに行ったりするので
なかなか真横向きの写真を撮るのが難しいです。
顔がちゃんと写っていて、ヒレや体も横から写っている写真が撮れなかったので写真のように組み合わせてみました。

ボララス・ブリジッタエ

ボララス・ブリジッタエ

調整完了しました。
チョコレートグラミーも調整完了です。

ホワイトフィンロージーテトラ

ホワイトフィンロージーテトラ

こちらも発色が良くなりました。
入荷したばかりの時はヒレの白しか出ていませんでしたが、
ヒレに赤い色が出て体もピンク色になっています。

カラープロキロダス

活発にフィンスプレッディングをし始めました。
このように普通のロージーテトラと違いヒレに黒い色が入らないので、
白と赤のコントラストが綺麗に見えるのがホワイトフィンの特徴です。
ノーマルのロージーテトラもいて、そちらもヒレが伸びて発色も良くなっています。
どちらも良さがあるので両方見て比べていただけると幸いです。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード