17.2.24 入荷情報 「コリドラス、アピスト、ローチ、レッドビーなど色々!」

皆さんこんにちは。
今回はコリドラスの調整完了個体の他、アピストグラマ、当店初入荷のローチ、久しぶりのレッドビーなどなど、
色々な魚(エビ)が入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


コリドラス・オイヤポクエンシス

↑「コリドラス・オイヤポクエンシス調整完了 

不思議な響きの名前のコリドラスです。
産地の「オイヤポッキ川」に由来する名前で、「オイヤポ」と略して呼ばれることもあります。

肌色に黒のツートンカラーの体色と、綺麗にバンド状に揃った尾びれの模様が特徴です。
最近はブリード個体も出回っていますが、今回はしっかりしたサイズのワイルド個体になります。


コリドラス・アクセルロディ

↑「コリドラス・アクセルロディ 調整完了 4cm」 

こちらも肌色にアイバンド模様のコリドラスで、こちらは体から尾びれにかけてライン模様が入ります。

コリドラス・アクセルロディ

こちらは以前からいる小さめサイズです。
ライン模様には個体差がありますが、成長によっても変化します。
今回入荷した個体は太いラインの下に点線模様が出てきています。


アピストグラマ・ボレリィ オパール

↑「アピストグラマ・ボレリィ オパール(ペア)」 

アピストグラマとしては小型の種類で、丸っこい体型をしています。
体色も美しく、青い光沢の入るボディと黄色いヒレの組み合わせが特徴です。
オパールは改良品種で、ほっぺたに赤と青の模様が入ります。
この模様が宝石のオパールのような雰囲気なので、この名前があるようです。


レッドビーシュリンプ

↑「レッドビーシュリンプ」 

久しぶりに入荷しました。
今回は白と赤のバンドが均等に入るタイガーバンド模様の個体です。


ハーフバンデッドローチ

↑「ハーフバンデッドローチ」 

クーリーローチほど細長くないですが、ボティアよりは細長いハゼのような体型の小型ローチです。
黒いバンド模様が体の半分まで入り、お腹側が白くなります。
当店では以前他のローチに混じっていたことがありますが、単独では初入荷です。
小さいですが活発で、ある程度他の魚・同種同士で追いかけあうことがあるのでその点はご注意ください。


ポートホールキャット

↑「ポートホールキャット」 

コリドラスに近い魚ですが、ブロキスやアスピドラスよりもコリドラス離れした外見をしています。
スマートな体型と尖った口が特徴です。
体の側面に黒い斑点が並び、舷窓(porthole)→船の側面の窓に見えることからこの名前があります。
コリドラス同様に大人しいナマズです。


チャンナ・プルクラ

↑「チャンナ・プルクラ」 

こちらも久しぶりです。
暗緑色にオレンジの斑点が入る、綺麗な中型のスネークヘッドです。


レインボースネークヘッド

↑「レインボースネークヘッド 

最も小型の部類のスネークヘッドですが、派手さではスネークヘッドでもトップクラスです。


ストロベリーピーコックシクリッド

↑「ストロベリーピーコックシクリッド 

ピーコックシクリッドの改良品種で、濃いオレンジ色になります。
ただ、入荷直後は色揚げされていて写真のように非常に派手ですが、
しばらくすると色が落ちて左下の写真くらいの色に落ち着くことが多いです。
大きくなるとまた改めて色が出てくるようです。


シルバーハチェット

↑「シルバーハチェット」 

銀色の体にライン模様が入るハチェットです。
ポピュラーなハチェットですが…

レヴィスハチェット?

最近は↑のような少し模様が違うタイプが入ることが多いです。
(ライン模様が細く、ラインの周りに細かい斑点が入る)
レヴィスハチェットと呼ばれる別種のハチェットと思われます。

今回は昔ながらの太いラインが入るシルバーハチェットです。
細いラインのほうも1匹だけいます。


コペラ・アーノルディ

↑「(再)コペラ・アーノルディ」 

わりとマイナーな部類のカラシンかと思っていたんですが、意外と人気です。
再入荷しています。
今回は最初からある程度色が出ていますが、本格的に発色した雄個体は
ヒレもよく伸びてとても綺麗になります。↓の12月23日の記事をご覧ください。

http://nakanoaigyoen.blog105.fc2.com/blog-entry-3992.html


コンゴーテトラ  

↑「(再)コンゴーテトラ 雄(大)」 

大きめの雄個体です。
前回入荷した個体がかなり色が出ていたのでブログで紹介しようかな…と思っていたら
売り切れたので再入荷しました。
写真は再入荷した個体の写真です。入荷したてですがある程度色は出ています。
落ち着いてくると背中のグリーンの光沢の下にオレンジ色が発色してきます。


RRE.Aスーパーホワイトグッピー

↑「RRE.Aスーパーホワイトグッピー(ペア)」 

リアルレッドアイアルビノらしい、繊細な美しさのあるグッピーです。
白いボディと淡い水色のヒレで、ボディには青い光沢も出ます。
元々はブラオという地味な青黒い色のグッピーですが、リアルレッドアイアルビノを掛け合わせることでこのような見違える色合いのグッピーになります。


ピグミーグラミー

↑「ピグミーグラミー」 

全長3cmほどの小型のグラミーです。
写真ではそれほど色は出ていないですが、体とヒレに青白い光沢が出て、ヒレには赤い斑点が多数入ります。


 

 

■ランプアイ ここまで綺麗になります

アフリカンランプアイ

アフリカンランプアイ

90cmのプレコ水槽からプレコを別の水槽に移したので、
今その水槽にはアフリカンランプアイの雄・雌が1匹ずつ残っています。

アフリカンランプアイは光る目が有名ですが、入荷の多い小さいサイズでは
あまり体色自体は特徴的ではないので地味なイメージがあるかもしれませんが…

雄は成長するとこのようにヒレに黄色~オレンジ色が入って伸びてきて、
体色も青い光沢が出てくるようになります。
育て上げるととても見栄えのする魚です。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン コリドラス グッピー スネークヘッド

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード