17.3.3 入荷情報 「メチニス、アフリカンカラシン、コイベタなど入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回はメチニス、アフリカンカラシンなど少し大きめのカラシンがメインです。
前回すぐに完売したコイベタを再入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)



レッドフックメチニス

↑「レッドフックメチニス(ブリード) 6cm」 

尻びれが赤く、フック型に伸びる中型カラシンです。
ブリード個体ですが、しっかり発色しているいいサイズの個体です。

レッドフックメチニス

活発に泳ぎ回ります。
光の反射によって、↑の写真のように白銀色から緑色を帯びた銀色に見えます。


コイベタ プラカット
コイベタ プラカット

↑「(再)コイベタ プラカット」 

ニシキゴイカラーのベタです。
再入荷しました。


レッドフィンコンゴテトラ

↑「レッドフィンコンゴテトラ」 

アフリカ産のテトラは最近色々な種類が入荷するようになっています。
こちらのレッドフィンコンゴテトラはコンゴテトラと名前が付いていますが、やや小さめのテトラです。
脂ビレが赤く目立っていて、尾びれや背びれも赤くなります。
コンゴテトラのようにギラギラした光沢は出ないですが、緑色と金色の光沢がライン状に出ます。

活発なので写真を撮るのに苦労しましたが、どうにか特徴がわかる写真を用意できました。


レッドアイカラシン

↑「レッドアイカラシン 

こちらもアフリカ産のカラシンです。
アフリカンカラシンとしては古くから知られる種類ですが、最近は見る機会が少ないです。
比較的大きめサイズの個体で、存在感があります。

大きめの光沢のある鱗がコンゴテトラ系に似た印象があります。
金色のラインを挟んで、ピンクと緑色の光沢に分かれる体色が面白いです。

レッドアイカラシン


プラチナグリーンスマトラ

↑「プラチナグリーンスマトラ」 

グリーンスマトラをさらに品種改良したスマトラです。
白い光沢に淡い緑色が乗った感じの体色です。
(以前もう少し大きめサイズで入荷した個体はもっと白い光沢が強く、
光の反射で緑色が出る感じだったので、今後もう少し色が変わってくるかもしれません)


ベタ メス

↑「ベタ メス」 

雄よりも大人しいメスのベタです。
雄とのカップリングで繁殖目的で飼育する以外にも、コミュニティタンクで飼育される方も多いです。


ワンラインペンシル

↑「ワンラインペンシル(調整中)」 

斜め向きに泳ぐペンシルフィッシュです。
この泳ぎ方をするペンシルとしてエクエスペンシルが有名ですが、
こちらのワンラインペンシルは結構見た目の印象が変わります。

エクエスペンシル

こちらがエクエスペンシルです。
(今回1匹だけワンラインペンシルの中に混じってました)

エクエスペンシルが全体的に光沢があって斑点を並べたようなライン模様があるのに対して、
ワンラインペンシルは普通のペンシルの模様に近いです。
尾びれの模様が上下で非対称で、尾びれの下側が黒くなるのは両種共通の特徴です。

今回は一部個体が白点病で入荷したので、しばらく治療のために調整中にしています。


フロントーサ

↑「フロントーサ」 

白い体に黒い縞模様が入り、ヒレが青白くなるアフリカンシクリッドです。


アルビノブッシープレコ

↑「(再)アルビノブッシープレコ」 

白い体がよく目立ちます。コケ取りにも!


バジスバジス

↑「バジスバジス」 

気分によって色を大きく変える性質のある小型魚です。


 

 

■他にも色々います!アフリカンカラシン

ゴールドラインコンゴーテトラ

ゴールドラインコンゴーテトラ

今回アフリカンカラシンが入ったので、こちらも改めて撮影しました。
金色のラインが鮮やかになっています。

ゴールドラインコンゴテトラ

フラッシュを当てると、金色のラインの上に青白い光沢が出ます。
光の当て方によっては、肉眼でもこの部分が少し光って見えます。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン ベタ

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード