17.5.16 入荷情報 「小型魚、水草メインで入荷しています」

皆さんこんにちは。
今日は小型魚、水草がメインです。いいサイズのエンペラープレコ、調整完了したコリドラス・ハブロススなどもいます。

 

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

オリジアス・ウォウォラエ

↑「オリジアス・ウォウォラエ(調整中)」 

雄の体がメタリックブルーに、ヒレが赤く縁取られる美しい体色のメダカです。
他の熱帯性のメダカ(ランプアイ、クラウンキリーなど)と違い、日本のメダカと同じグループのメダカなので
ヒレのつき方や顔つきなどが似ています。繁殖もしやすい種類です。
雌は写真左下のような感じです。透明な体にグラデーション状にオレンジ色が入り、こちらも綺麗です。


エンペラープレコ エンペラープレコ

↑「エンペラープレコ 9cm(調整中)」 

タイガープレコを派手にした感じのプレコで、黒に近いこげ茶色の体に細くくっきりした黄色いラインが入ります。
入荷したてなので地肌の色が薄いですが、落ち着いてくるとコントラストの強い体色が出てくると思います。


コリドラス・ハブロスス

↑「コリドラス・ハブロスス(調整完了個体)」 

先日ブログで餌を食べている様子を紹介したハブロススです。
既に状態は良好だったんですが、寄生虫がいないことが確認できたので調整完了で販売しています。
入荷直後は寄生虫が付いていることが多いコリドラスで、また体の小ささから弱っていることもありますが、落ち着けば飼いやすいコリドラスです。


マジナータスペンシル

↑「マジナータスペンシル」 

ペンシルフィッシュとしてはあまり細長くなく、体長は小型の部類ですが少しぽっちゃりした体型の種類です。
今回はやや大きめサイズで入っています。


オレンジレースコブラグッピー

↑「国産オレンジレースコブラグッピー(ペア)」 

コブラグッピーの模様をさらに細かくした「レースコブラ」のオレンジバージョンです。


モスコーパンダグッピー

↑「国産モスコーパンダグッピー(ペア)」 

「かわいいグッピー」といえばこちら。
顔の周りが白銀色で黒い目がパンダのように目立ち、体の後ろからヒレにかけてはモスコーブルーのような紺青色になります。
尾びれが小さく丸いラウンドテールになっています。


クリプトコリネ・ウェンティーグリーン

↑「クリプトコリネ・ウェンティーグリーン(Pot)」 

クリプトコリネは光量やCO2などをあまり要求しないので、ほどほどの設備で栽培しやすい水草です。
クリプトコリネ・ウェンティーは赤みを帯びるタイプが多いのですが、こちらは赤みが無く緑色になるタイプです。


ミクロソリウム 

↑「ミクロソリウム(Pot)」 

剣型の幅広い葉を出す水生シダです。
今回入荷した株はかなり大型になっていて、45cmキューブ水槽の水面近くまで届いています。


スーパーデルタベタ
スーパーデルタベタ

↑「スーパーデルタベタ 

人気のスーパーデルタです。
腹びれ、尻びれ、尾びれ全体が赤くボディがドラゴンタイプのように光沢があるブルーになる個体(上)、
青緑色の体色と黄色いヒレのマスタードガス(下)がいます(写真では照明の関係でオレンジっぽく見えています)。


トラディショナルベタ

↑「トラディショナルベタ 

お手ごろなトラディショナルベタも赤、青がそれぞれ入荷しています。
尾の開きはスーパーデルタほどではないですが、フレアリングするとこのくらいまで開いてくれます。


ロックシュリンプ

↑「ロックシュリンプ」 

岩のような質感の大きくなるヌマエビの仲間です。
今回は大きめの個体の入荷が多いです。


オトシンネグロ

↑「オトシンネグロ」 

丈夫でコケ取り能力が高いオトシンクルスです。


北米淡水カレイ

↑「北米淡水カレイ」 

淡水で飼育できる小型のカレイです。
コリドラス水槽にいます。


楊貴妃メダカ

↑「楊貴妃メダカ」 

強いオレンジ色の体色のメダカです。


シマカノコガイ

↑「シマカノコガイ」 

石巻貝に近い仲間の巻貝です。
写真のように縞模様の入り方は個性があります。


アヌビアス・ナナ ゴールデン

↑「アヌビアス・ナナ ゴールデン」 

明るい黄緑色のアヌビアス・ナナの改良品種です。
活着水草は濃い緑色のものが多いので、活着メインの水槽にライトグリーンが欲しい場合におすすめです。


ラッフルソード

↑「ラッフルソード」 

エキノドルスの仲間です。
アマゾンソードに比べて波打った葉をしています。
成長するとさらに幅広く長い葉を出します。


ゴールデンアカヒレ

↑「ゴールデンアカヒレ」 

体色が鮮やかな黄色になるアカヒレです。
ノーマルのアカヒレ同様に丈夫で水温変化にも強いです。


レッドテトラ

↑「レッドテトラ」 

最大3cmほどの小型のテトラはホタルテトラやテトラオーロなど色々いますが、
本種はその中でも安価で飼育しやすい種類です。
全身が透明感のあるオレンジになり、まとまった群れで飼育するとより引き立ちます。


 

■珍しいグッピーもいます

プラチナゴールデンアクアマリンレッドダブルソードグッピー

国産プラチナゴールデンアクアマリンレッドダブルソードグッピー

尾びれの上下が伸びるダブルソードタイプのグッピーです。
色々な表現の遺伝子が組み合わさっているのでやたらと名前が長くなっていますが、
解説するとプラチナ>上半身がオレンジの光沢になっている部分、ゴールデン>地肌が肌色になっている部分、
アクアマリン>体の後ろ側が水色に光っている部分、レッド>尾びれのソード部分が赤い色になっている部分…となります。
入荷時に状態に不安があったので紹介しないままだったので今回こちらのコーナーで紹介しているんですが、
状態はとても良くなって雌を盛んに追いかけています。
素早く動き回るのでピントが今ひとつの写真になってしまいました。綺麗なので是非実物もご覧ください。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ カラシン コリドラス グッピー ベタ

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード