17.6.13 入荷情報「アフリカンバルブ、ベタ、小型カラシンなど小型美魚がいろいろ入荷しています!」

皆さんこんにちは。
当店ではとても久しぶりになる、アフリカ産の小型コイ「バルブス・ヤエ」や、綺麗なハーフムーンベタ、ペンシルフィッシュやハチェットなどの小型美魚メインで入荷しています。

 

 

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

バルブス・ヤエ
バルブス・ヤエ

↑「バルブス・ヤエ」

小型コイの仲間の本場は東南アジアですが、アフリカにも少数ながら綺麗な小型コイ「アフリカンバルブ」が生息しています。
このバルブス・ヤエはその中でも入荷が少ない種類ですが、オスは非常に綺麗な赤い色が出ます。
今は地味ですが、落ち着いてきたら発色してくると思います。


 

ベタ ハーフムーン

↑「ベタ ハーフムーン」

再入荷しました。
↑の写真でもまだ尾びれは半開きで、全開になるとさらに大きく開きます。

ベタ ハーフムーン

こちらの個体はヒレに白い縁取りがあるブルーバタフライっぽく見えますが、
尾びれにだけ放射状に白い色が入るのがちょっと変わっています。
↑の写真は平常時で、鏡を見せると…


ベタ ハーフムーン

シャキーン!

と言う感じでヒレを大きく広げてくれます。



ベタ ハーフムーン メス

↑「ベタ ハーフムーン メス」

ハーフムーンはメス個体も入荷しています。
メスなのでヒレは小さいです。
ハーフムーン同士で交配して繁殖させるのにおすすめです。


ベタ スーパーデルタ メス

↑「ベタ スーパーデルタ メス」

スーパーデルタのメスもいます。
写真下の個体は、先日紹介したボディが黒に青い光沢、白いヒレのオスのスーパーデルタと同じ体色をしています。


ワンラインペンシル

↑「ワンラインペンシル(調整中)」

顔を斜め上に向けて泳ぐペンシルフィッシュです。
同じ泳ぎ方をするペンシルフィッシュはエクエスペンシルのほうがポピュラーですが、
こちらのワンラインペンシルはくっきりした黒いライン模様が入ります。
体が細いのでハリソニーペンシルにも似ていますが、斜めに泳ぐペンシル共通の特徴として
尾びれの下側だけに模様が入るという特徴があります。
色が揚がってくると、ラインや尾びれの模様に沿って赤い色が出てきます。

エクエスペンシル

ワンラインペンシルの説明で触れたエクエスペンシルですが、今回入荷した中にも混じっています。
こちらはライン模様があまりはっきりしておらず、全身にメタリックな光沢があります。


マーブルハチェット

↑「マーブルハチェット(調整中)」

ペンシルフィッシュとともに、変わった姿の小型カラシンとして知られているハチェットの仲間です。
ハチェットの中でも、目立つ綺麗な模様のある種類です。
大理石のような黒いまだら模様が入り、光が当たるとその間に光沢が出ます。

水面下で生活する性質があり、多数で飼うとこのように群れて泳ぎます。


チョコレートグラミー

↑「チョコレートグラミー(調整中)」

チョコレート色のグラミーです。
赤茶色に色づくブラックウォーターを好み、落ち着いた酸性が強めの水質になるので
ややデリケートなところがあり、特に入荷直後は様子を見たいので調整中にしています。


チェッカーボードシクリッド

↑「チェッカーボードシクリッド

やや大きめサイズで入荷しています。
チェッカーボードのような四角い斑点模様が交互に入ります。
雄は体の中央に茶色っぽい帯状の模様が入り、体やヒレにも青白い光沢が出てきます。
また、ヒレが後方に吹流しのように伸びてきます。
今のところヒレが伸びている確実にオスらしい個体は写真の1匹ですが、
体色がオスっぽく見える個体は他にも何匹かいます。


プラチナモザイクグッピー(ペア)

↑「国産プラチナモザイクグッピー(ペア)」

グッピーの定番のモザイク模様の尾びれと、
光沢のあるボディが特徴のプラチナの複合品種です。


RRE.Aドイツイエローグッピー(ペア)

↑「国産RRE.Aドイツイエローグッピー(ペア)」

RRE.A(リアルレッドアイ・アルビノ)のドイツイエロータキシードです。
ノーマルのドイツイエロータキシードは白いヒレとタキシードの黒のコントラストが特徴のグッピーですが、
リアルレッドアイアルビノになると尾の付け根のタキシード模様が透けて全体に透明感が出ます。


メタリックブルーダイヤモンドエンゼル

↑「メタリックブルーダイヤモンドエンゼル(中)」

青みのあるメタリックブルーエンゼルに、鱗が波線のような形になって光るダイヤモンドの特徴が組み合わさった品種です。
左のように、照明の当たり具合によって光沢が綺麗に出ます。


トリカラーエンゼル

↑「トリカラーエンゼル(中)」

白い体、黄色(オレンジ)の頭部に黒い模様が各所に入るエンゼルです。
写真は平均的な模様の個体を掲載していますが、
個体差で黒い模様が多い個体、黒い模様が少なく白っぽい個体もいます。


パールグラミー

↑「パールグラミー」

全身に真珠のような光るスポット模様があるグラミーです。
オス個体は尻ビレの軟条が伸び、喉元がオレンジ色になります。
(写真左の2匹は尻ビレが伸び始めており、オス個体だと思われます。)


 

 

■ちょっと変わったブロンズプレコです

ブロンズプレコ ブロンズプレコ

ブロンズプレコ

普通のブロンズプレコとして入荷しましたが、地肌の色が濃く白い細かい斑点模様が入ります。
ノーマルの灰色のブロンズプレコとは違うタイプです。

胸ビレの縁などに金色の光沢が出てきています。
ブルーフィンパナクエのコンディションのいい個体にもこういう色が出てきますが、
このブロンズプレコも調子が良さそうです。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド カラシン グッピー ベタ

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード