17.12.1 入荷情報 「個性的な水草色々、美しいスネークヘッドなど盛りだくさんで入荷しています」

皆さんこんにちは。
12月になりました。
早いもので、今年も年の瀬ですね。


今回は水草、スネークヘッドの美種など色々入荷しています。
ブルドッグタティアも、この手のかわいい小型ナマズが好きな方にはおすすめです。
ハナビ、ブルーネオンなどの小型コイも調整完了して、いい発色が出ています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

バーミーズレッドフィンスネークヘッド

↑「(再)バーミーズレッドフィンスネークヘッド 10cm」 

赤く縁どられるヒレ、青い光沢のある体色が美しいスネークヘッドです。
この個体はまだヒレの発色が薄く、青も顔付近だけに出ています。
これからより綺麗になっていくと思います。



 

チャンナ・プルクラ

↑「チャンナ・プルクラ 11cm」 

中型のスネークヘッドです。
ボディに青とオレンジ色の模様が入り、胸びれに黒と白の縞模様が入ります。
大抵のスネークヘッドは胸びれが縞模様になるんですが、
プルクラと近縁種のオルナティピンニスは特にくっきりした黒白の虎縞模様になるので、
以前はバーミーズタイガースネークヘッドとも呼ばれていました。
入荷したばかりですが体の色が良く出ています。
※尾びれの中央が裂けています。軟条に沿ってヒレの膜が切れているだけなので、すぐに回復すると思います。


ファロウェラ・ヴィッタータ

↑「(再)ファロウェラ・ヴィッタータ」 

再入荷しました。
枝のようで一見地味に見える色合いですが、くっきりしたストライプ模様や
背中の部分に金色のつやがあって意外と綺麗なところもあります。


カラープロキロダス

↑「カラープロキロダス ワイルド 8cm」 

ヒレに入るオレンジと黒の縞模様が特徴の中型カラシンです。
発達した唇でコケも食べるので、中・大型魚との混泳相手として人気があります。


ブルドッグタティア

↑「ブルドッグタティア 3cm」 

ブルドッグのような丸顔と体型がかわいらしい小型ナマズです。

「タティア」と名前がついていて、広い意味でタティアと同じアウケニプテルスの仲間なのは確かなんですが、タティアとはあまり分類は近くなくウッドキャットやバトラクスキャットに近い種類です。

ただ、大きな目や体型、あまり大きくならないところはタティアによく似ていて、同様の感覚で飼育できます。

レオパードタティア

撮影時にレオパードタティアも撮れました。
寄り添っているというか、同じような場所が好きであまり動かないのでこのような状態になります。
ブルドッグもレオパードも大人しい種類なので、混泳しやすいです。


前景・後景ミックス Pプレート

↑「前景・後景ミックス Pプレート」 

前景向けの水草と後景向けの水草を2種、培地に植え込んだ商品です。
ラージパールグラスまたはコブラグラス+ルドウィジアまたはアルテルナンテラとなっています。


オーストラリアンクローバー 素焼き鉢

↑「オーストラリアンクローバー 素焼き鉢」 

オーストラリア産のノチドメで、葉に3か所切れ込みがあって三つ葉のクローバーのように見えます。
名前を略して「オークロ」としても親しまれている人気種です。
匍匐性が強く、条件が良いと底砂を這うように伸びていきます。

今回はソイル入りの素焼きの鉢に植え込んだ商品が入荷しています。
しばらくは水槽に置いて育てられるので、「購入してすぐに植えるのが大変で…」
という方にもおすすめです。


ジュンクス・レペンス  

↑「ジュンクス・レペンス」 

当店では初めての入荷だと思います。
イグサの仲間で、細長い葉が密生します。


 

 

ウォーターウィステリア

↑「ウォーターウィステリア」 

ハイグロフィラの仲間で、深く切れ込んだ葉をしています。
栽培条件によって葉の切れ込み方は変わりますが、今回入荷した株は
とてもコンディションがよくウィステリアらしい切れ込みになっています。


枝流木 アヌビアス・ナナ

↑「枝流木付きアヌビアス・ナナ」 

水槽にそのまま配置できる、水草付きの流木です。
糸で固定した状態で、数か月ほどで水草が活着します。


エキノドルス・ウルグアイエンシス

↑「エキノドルス・ウルグアイエンシス」 

細い葉がテープ状に伸びるエキノドルスです。
同じテープ状の水草でも、バリスネリアに比べると1枚1枚の葉が目立ちます。
長くたなびくような葉になるので、水深のある大型水槽が似合うと思います。



ダルメシアンモーリー

↑「ダルメシアンモーリー」 

101匹 ワンちゃんで有名なダルメシアンという犬種の模様に似た、
白に黒のぶち模様があるモーリーです。
模様には個体差が大きく、写真のように黒が目立つ個体もいます。
全体で見ると右下の個体のように白い部分が広い個体が多いです。


↓調整完了した魚の紹介です。
ミクロラスボラ・ハナビ

↑「ミクロラスボラ・ハナビ」 

ポピュラー種になった小型美魚です。
今回は大きめサイズで入荷していて、発色もとても良いです。
ボディのブルー、ヒレのオレンジ色が良く出ています。


ミクロラスボラ・ブルーネオン

↑「ミクロラスボラ・ブルーネオン」 

蛍光グリーンの光沢が透明な体に入る小型コイです。
今の状態でも十分綺麗なのですが、コンディションがいい個体は
背中の透明部分ににじみだすように青い発色が出てきます。
↑の写真でも、右部分の後景にぼやけて写っている個体に青が出ています。
調子の良さに加えて、斜め前から光が当たることで綺麗に青が出るので、
照明に工夫するとわかりやすくなります。


コリドラス・アエネウス ロングフィン

↑「コリドラス・アエネウス ロングフィン」 

赤コリこと、アエネウスの改良品種です。
特に背びれ、尾びれが長く伸びます。

コリドラス・アエネウス ロングフィン

伸び方は個体によって違いがあり、グッピーのスワローのようにランダムに伸びる個体もいます。


■気が強いのがたまにキズですが…

スモモローチ

スモモローチ

スキストラの仲間のローチで、体にオレンジラインが入ります。
このラインがアプリコット(スモモ)色なのでこの名前があるようです。
名前はかわいいですがこう見えて結構気が強く、同じくらいのサイズの小型魚との混泳には適さないんですが、
今のところ少し大きめの活発な魚、中・大型プレコと一緒の水槽では同種同士で小競り合いをするくらいで落ち着いています。

スポンサーサイト

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム 水草 カラシン

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード