17.4.7 入荷情報 「コリドラス調整完了個体やアピストなど紹介します」

皆さんこんにちは。

調整中のコリドラスや、美しいアピストやラミレジィ、小型魚、水草など
今日も色々入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

コリドラス・アッシャー

↑「コリドラス・アッシャー 3.5cm 調整完了しました」 

先日入荷したレイノルジィと同じように、ロレトエンシスのような体型に体の3箇所に黒い模様がありますが、
黒い模様がより大きくはっきり入ります。背びれの伸びやすいコリドラスでもあり人気の高い種類ですが、
入荷が少なく当店では今回久しぶりに入荷しました。


コリドラス・ナッテレリー

↑「コリドラス・ナッテレリー 5cm 調整完了しました」 

グレーに青い光沢が入る体色で、オレンジ色の発色もあるパレアトゥスに似た雰囲気のコリドラスです。
尾びれの付け根から体にかけて1本ラインが入ります。


コリドラス・レティキュラートゥス

↑「コリドラス・レティキュラートゥス 5cm 調整完了しました」 

体の網目模様と、背びれの黒い斑点(ブラックトップ模様)が特徴のコリドラスです。
若い個体は網目も粗くシンプルですが、今回はほぼ成魚サイズで模様も細かくなっています。


アルビノチェリーバルブ

↑「アルビノチェリーバルブ」 

チェリーバルブのアルビノです。
肌色の体に赤いヒレが綺麗です。
原種と同じように雄は赤みが強く、写真のようにボディがほんのりオレンジになっています。

アルビノチェリーバルブ

見る角度によってこんなに赤く見えることも。

アルビノチェリーバルブ

こちらの個体は雌ですが、尾びれが妙に長いです。
チェリーバルブはロングフィンタイプの品種も作出されているので、
その影響でこういうタイプの個体も混じってくるようです。


 

アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド

↑「アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド(欧州ブリード・ペア)」 

ヴィエジタなどマクマステリィ系のアピストは赤や黄色の発色が特徴ですが、
こちらのスーパーレッドはヨーロッパで品種改良されたタイプで、ヒレ以外にも顔から体にかけての広い範囲に赤い発色が出る美しい品種です。今回入荷した個体はサイズもしっかりしていて、既に発色も良好です。


寄せ植え水草 球型 小

↑「寄せ植え水草 球型(小)」 

ソイルで出来た培地に各種水草を寄せ植え風に植え込んだ商品です。
底砂に植えなくても置くだけでレイアウトできるのが人気です。
ラージパールグラス、赤系水草(ルドウィジア、アルテルナンテラなど)をベースに
入荷する便によって色々な水草が組み合わさっています。
成長とともにそれらの水草が顔を出してくるのも楽しみの一つです。

寄せ植え水草 拡大

今回はヘアーグラスが見えています。
大きい丸い葉が出ているものもありますが、ウォーターカーナミンでしょうか。


ドイツゴールデンラミレジィ

↑ドイツゴールデンラミレジィ(国産・ペア)」 

普段入荷するゴールデンラミレジィはオランダラミレジィをベースにしたものが多いですが、
こちらはドイツラミレジィのゴールデンタイプになります。
入荷したばかりであまり特徴は出てないですが、顔が赤く、体の後半やヒレに青い光沢が出てくるととても綺麗です。
サイズが大きめなのですぐに発色してくると思います。


テトラオーロ

↑「テトラオーロ」 

全長3cmほどと、ヒレが伸びるタイプのテトラとしては小型の種類です。
小さくてかわいらしいですが、雄は長く伸びた背びれ、尻びれを広げると迫力ある姿になります。


ドワーフスネークヘッド ベンガルオレンジ

↑「ドワーフスネークヘッド ベンガルオレンジ 10cm」 

ドワーフスネークヘッドの地域バリエーションです。
地肌がオレンジ色がかった明るい色になります。


コリドラス・ロレトエンシス

↑「コリドラス・ロレトエンシス 3cm 調整完了しました 

体高が低くスマートな感じの体型のコリドラスです。
透明感のある体に黒い斑点が散在し、繊細な美しさがあります。


コリドラス・ソダリス

↑「コリドラス・ソダリス 3cm 調整完了しました 

グレーの体に網目模様が入る、レティキュラートゥスによく似ているコリドラスです。
こちらはレティキュラートゥスと違い、背びれがライン模様になります。


ロタラ・ナンシアン

↑「ロタラ・ナンシアン 1束」 

非常に細い葉が密生するロタラの仲間です。
ライトグリーンの葉で頂芽や葉の裏が赤みがかった色になります。


プラチナグラミー

↑「プラチナグラミー 

中型のスリースポットグラミーの改良品種で、輝くような白い色になります。


レオパードダニオ

↑「レオパードダニオ 

細かい斑点模様のダニオの仲間です。
飼育はゼブラダニオと同様で丈夫な魚です。


ゼブラダニオ

↑「ゼブラダニオ 

ゼブラ模様の小型コイの仲間です。
非常に丈夫で飼育しやすい魚です。


ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー

↑「ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー(調整中)」 

ラスボラ・ヘテロモルファの改良品種です。
青黒い三角の模様の縁がにじんだように周囲に広がっています。
幼魚サイズだとかえって原種より地味に見えますが、ある程度のサイズになると
写真のように顔周辺に赤みと光沢が出て、黒い部分とのコントラストが強調されます。


 

■店内をほんの少し配置換えしています 

水槽

店に入って左側の通路に30cmキューブ水槽を設置しました。
今はウィローモス付き流木を入れています。
販売用の水草を入れつつ、見て楽しめるレイアウト水槽にしていこうと思います。

南米モスとレッドビー

レッドビーも入ってます。

流木

流木を入れた箱は水草と一緒に選んでいただけるよう、
店内奥の水草販売水槽の前に配置しました。

ルドウィジア・グランデュローサ

ルドウィジア・グランデュローサです。
入荷時はどぎつい紫色でしたが、水中に慣れたせいかほどよく緑色がかったナチュラルな赤紫色になってきました。

ニードルリーフルドウィジア

こちらはニードルリーフルドウィジアです。
ようやく新芽が水中対応になってきたようで細い葉が出始めましたが、
完全に水中化するとより細く赤い葉が出ます。
あと一束なので、また便があれば入荷予定です。

ブラックバンデッドメチニス

ブラックバンデッドメチニスです。
1cmサイズで入荷しましたが4cmほどまで成長してメチニスらしくなってきました。

ブラックバンデッドメチニス

若魚サイズもいます。

スカラレエンゼル ペルー ブリード

ペルースカラレエンゼルのブリード個体です。

バタフライフィッシュ
ピーコックスパイニーイール

前回入荷したバタフライフィッシュ、ピーコックスパイニーイールです。
前回は入荷した魚が多く紹介しきれなかったので、今回改めて紹介しておきます。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド コリドラス スネークヘッド

17.4.4 入荷情報 「アラベスクプレコ Ap.インカ他色々入荷しています」

皆さんこんにちは。

中野愛魚園の前にある公園の桜も綺麗に咲いています。

桜 

今日はクイーンアラベスク、エンゼルやアピストなどがメインで入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

クイーンアラベスクプレコ
クイーンアラベスクプレコ

↑「クイーンアラベスクプレコ 6cm 

アラベスク紋様を思わせる、細かくてくっきりした白いラビリンス模様の小型プレコです。
しっかり肉付きのいい個体が7匹入荷しています。

クイーンアラベスクプレコ


_IMG_7510.jpg

土管に入った個体もいます。


アピストグラマ・インカ

↑「アピストグラマ・インカ(国産ブリード・ペア)」 

美しいヒレの色彩と体のバンド模様が特徴のアピストグラマです。
頬から体にかけては水色の光沢が入ります。


ベタ スーパーデルタ

↑「ベタ スーパーデルタ 

今回も綺麗な色の個体が入荷しています。
↑は緑がかったブルーのドラゴン光沢の入る、複雑な色合いの個体です。

ベタ・スーパーデルタ

こちらは一見白いですが、ヒレに淡い水色が入ります。
いずれも単にスーパーデルタで入荷するので詳細は不明ですが、「ブルーグリッセル」と呼ばれる体色に似ているように思います。

ベタ スーパーデルタ

マスタードガスが綺麗にフレアリングしてくれたのでこちらも紹介します。
各ヒレが重なって美しいシルエットになります。


ニューゼブラオトシン

↑「ニューゼブラオトシン 

再入荷です。
写真右のように、白い部分が多い個体もいます。
(一時的に色が飛んでいるだけかもしれませんが、参考に写真を撮影しておきました)


スカラレエンゼル ペルーワイルド

↑「スカラレエンゼル ペルーワイルド 

こちらも再入荷です。
ヒレの伸びがいいですね。
体色が出てくるとより綺麗になりますので、また紹介予定です。


マジナータスペンシル

↑「マジナータスペンシル 

小型なのでドワーフペンシルという名前でも呼ばれるペンシルフィッシュです。
スリーラインに似た3本のラインが入りますが、全体に太短い体型になります。


ホースフェイスローチ

↑「ホースフェイスローチ 

ホース(馬)フェイス(顔)ローチ(ドジョウ)という、わかりやすい名前のドジョウです。
馬面の顔つきがユーモラスな感じですが、つやと透明感のある体色も意外と美しい魚です。


ヒメタニシ

↑「ヒメタニシ 

人気につき、追加で入荷しています。


ロックシュリンプ

↑「ロックシュリンプ 

ロックシュリンプ特有の、水流に向けて手を広げる様子が撮影できました。


レッドビーシュリンプ

↑「レッドビーシュリンプ 

人気の紅白エビです。
写真のような赤と白のバンドがはっきりしたタイガーバンドタイプの個体が入荷しています。


ピーコックスパイニーイール

↑「ピーコックスパイニーイール 

黄色いライン模様と、ヒレの目玉模様が特徴のスパイニーイールです。


 

■綺麗に発色しました 

ペルヴィカ タエニアータス ナイジェリアレッド

↑ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド 

先日入荷時に撮影した写真ではおびえていて今ひとつの写真写りだったので、今回はしっかり腰を据えて撮影しました。
雌はわりと大胆に泳ぎ回るので楽に撮れたんですが、雄は植木鉢のシェルターに隠れてこちらをじっと見つめてきます。
こちらが安全だとわかったのか、じりじり植木鉢から出てきたところを撮影できました。

ペルヴィカ タエニアータス ナイジェリアレッド

ペルヴィカは雄も雌も美しい魚で、なおかつそれぞれに個性のある体色をしているので、
どちらも同じ大きさで組み合わせて写真にしてみました。
発色もより綺麗に出ています。

バーミーズレッドフィン

↑バーミーズレッドフィンスネークヘッド 

まだ若い個体で入荷して日も浅いですが、とても綺麗になっています。
ヒレの縁からオレンジ、紺色、ブルーに染め分けられたヒレや、
ほんのりブルーの光沢を帯びる体、目元が赤くなる本種の特徴が出ています。

_IMG_6821.jpg

この個体は人懐っこく、写真を撮っているとこんな感じで寄ってきます。
こうなると正面顔しか撮れなくなるので、これはこれで撮るのに工夫が必要です。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド ベタ スネークヘッド

17.3.31 入荷情報 「今回はエンゼル、アフリカンシクリッドメインです」

皆さんこんにちは。
明日からいよいよ4月です。
今日は広島では雨が降っていますが、日々暖かくなってきています。 魚を飼い始めるのにはちょうどいい季節ですね。

今回はエンゼル、アフリカンシクリッドの他、スネークヘッドの再入荷など中型の魚がメインで入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

ペルースカラレエンゼル

↑「ペルースカラレエンゼル (ブリード)」 

ペルー産のスカラレエンゼルです。

今回はブリード個体ですが、サイズがしっかりしていて体色も綺麗です。

ペルースカラレエンゼル

ガラス越しに手を振ると寄ってきます。


コンプレシケプス

↑「ディミディオクロミス・コンプレシケプス(小)」 

変わった顔のアフリカンシクリッドです。
幼魚サイズだと他のシクリッドとそれほど違いはないですが、成長とともに
平べったくスマートな体型になるとともに下顎が出てきて、 全体的に顔が長くなります。
体色もメタリックブルーが強くなります。見た目の面白さと美しい体色を兼ね備えた魅力的な魚です。


ヴェントラリス

↑「オフタルモティラピア・ヴェントラリス(小)」 

先日8cmほどの個体が入荷しましたが、今回はもっと小さい幼魚サイズで入っています。
このサイズでも既に腹びれや体の青白い光沢が出ていて、ヴェントラリスらしさが出ています。


バーミーズレッドフィンスネークヘッド

↑「(再)バーミーズレッドフィンスネークヘッド 8cm」 

前回すぐに完売になったので再入荷しました。
ヒレの赤・青や体色がある程度出ており、落ち着くとより鮮やかな体色になります。
目元に赤い色も出ています。


アフリカンスネークヘッド

↑「アフリカンスネークヘッド 10cm」 

こちらも再入荷です。


イエローピーコックシクリッド 

↑「イエローピーコックシクリッド(小)」 

マラウィ産のアフリカンはメタリックブルーの種類が多いですが、
本種は体色が黄色く、顔にメタリックブルーが入ります。


エンゼルフィッシュ

↑「エンゼルフィッシュ(ブリード)」 

ブリード個体のエンゼルとして入荷しました。
並エンゼルの模様ですが、地肌の色が独特の鈍い光沢を帯びていて個性的な感じです。


ベタ スーパーデルタ

↑「ベタ スーパーデルタ 

光沢のあるブルーのボディと赤いヒレの個体です。
最近見かける、ヒレに規則的な切れ込みのある個体です。
(ローズテール、コンノックなどの名前で呼ばれるタイプだと思われます。)


トランスルーセントグラスキャット

↑「トランスルーセントグラスキャット」 

有名な透明な体のナマズです。
体の透明度が健康のバロメーターです。
ただ透明なだけでなく、光が当たると体の表面が虹色に光って綺麗です。


ヒメタニシ

↑「ヒメタニシ」 

当店では初入荷と思われます。
小型のタニシです。

タニシは卵胎生で、子供の貝を直接産みます。
石巻貝と違い淡水でも増え、かといってサカマキガイなどに比べて増えすぎることも無いので
アクアリウムで扱いやすい巻貝だと思います。


シマドジョウ

↑「シマドジョウ 中」 

そこそこサイズの個体がたくさん入荷しています。
玄関に入ってすぐの大型水槽の下の、キューブ水槽に入っています。


 

ベタ・ロングフィン

↑「ベタ・ロングフィン」 

各ヒレが後方に長く伸びるベタです。
この個体は赤い体色に雪がかぶったような、赤~淡いピンク色~白にグラデーションする体色です。


アフリカンランプアイ

↑「アフリカンランプアイ」 

アイシャドーのように目の上半分が青く光る卵生メダカです。
90cm水槽で群泳しています。


カージナルテトラ大

↑「カージナルテトラ 大」 

大きめサイズです。


 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド ベタ スネークヘッド

17.3.28 入荷情報 「紅白グッピーなど、綺麗どころが入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回の入荷はグッピーシクリッド、卵生メダカの美種や
水草などを入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

国産RRE.A紅白グッピー(ペア)

↑「国産RRE.A紅白グッピー(ペア) (調整中)」 

口先と胴体の後半からヒレが赤く、顔から背びれまでの胴体が光沢のある白のツートンカラーに染め分けられた、紅白のカラーリングが美しいグッピーです。
丹頂グッピーにも似ていますが、より赤と白が隙間無く発色しています。

口先が赤くなる丹頂っぽい色は雌にも発色します。

しっかりしたサイズで発色はよく出ていますが、まだ泳ぎ方が不安定に見えるので
念のため調整中で対応しています。


ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド(ペア)

↑「ペルヴィカクロミス・タエニアータス"ナイジェリアレッド"(ペア)」 

美しい地域変異が多いペルヴィカクロミスの仲間です。
ナイジェリアレッドは特に雄の顎から腹部にかけての強い赤みが特徴的な品種です。

まだおびえていてあまりいい写真が撮れなかったので、以前入荷した個体の仕上がった時の記事をどうぞ。

http://nakanoaigyoen.blog105.fc2.com/blog-entry-3987.html

ヒレの縁取りや顎の赤い発色は、今回の個体も既によく出ていることもわかると思います。


ニューゼブラオトシン

↑「ニューゼブラオトシン」 

細かいゼブラ模様のオトシンクルスです。
綺麗にバンドが入った個体が入荷しています。


アフィオセミオン・ガードネリー

↑「アフィオセミオン・ガードネリー(ペア)」 

スマートな体型に極彩色の体色が美しい、アフリカ産の卵生メダカです。
ガードネリーはアフィオセミオンの仲間ではポピュラーな種類ですが、
雄は青白い色に赤い斑点が散らばり、赤、黄色、青の縁取りがヒレに入る
とても綺麗な種類です。

なお、本種を始めアフィオセミオンの仲間に分類されていた種類は
現在では「フンデュロパンチャックス」という名前になっています。
ですが、既に旧名が浸透しているせいか、
語感の良さのせいか現在もアフィオセミオンと呼ばれることが多いです。


ニードルリーフルドウィジア

↑「ニードルリーフルドウィジア(鉛巻)」 

ルドウィジアは丸みのある大きめの葉が特徴の水草ですが、
本種は細長い小さめの葉をしていて独特な感じです。
現在は水上葉なので緑色の葉をしていますが、水中葉になると赤みのある葉になり、
さらに細長く尖った「ニードル(針)」という名前らしい姿になります。


ルドウィジア・グランデュローサ 

↑「ルドウィジア・グランデュローサ(鉛巻)」 

赤みの強いルドウィジアの仲間です。
ニードルリーフほどではないですが、比較的細く尖った葉をしています。


ミクロソリウム

↑「ミクロソリウム(鉛巻)」 

アヌビアスと並んで非常に丈夫で、ライトやCO2などの条件が良くなくても
育ちやすいシダの仲間です。
ごわごわした剣状の葉が立ち上がるように生えます。
流木などに活着させて育てられるので、レイアウトに使いやすいです。


ニューレッドゴールデンネオンテトラ

↑「ニューレッドゴールデンネオンテトラ 

ネオンテトラのアルビノ品種です。
同じような白変個体としてニューゴールドネオンなどが知られていますが、
本品種は赤い色がしっかり残っていて元のネオンテトラの雰囲気そのままにアルビノにした感じです。
写真では逆光になったので青いラインがわかりづらくなっていますが、
水槽の後ろのほうにいる個体に手前からライトが当たると写真左下のような感じに見えます。


ダイヤモンドネオンテトラ

↑「ダイヤモンドネオンテトラ」 

こちらもネオンテトラの改良品種です。
青いラインの前半、目からエラ蓋あたりが強い光沢を帯びていて、それ以降は胴体部分の銀色に同化したようになっています。
目にかかる青いラインがギラギラ光って目立つので、その辺がダイヤモンドの名前の由来と思われます。


グリーンスパイニーイール

↑「グリーンスパイニーイール」 

最近人気のある小型のスパイニーイールです。
インド産の魚ですが、抹茶色に斑点模様のある落ち着いた色が和風っぽくも見えます。


コバルトブルードワーフグラミー

↑「コバルトブルードワーフグラミー(雄) (調整中)」 

先日はサンセットドワーフグラミーが入荷しましたが、
今回はそちらとは反対の方向性で品種改良された種類で、
赤い色を塗りつぶすようにメタリックブルーが強く出る品種のグラミーです。


 

シマカノコガイ

↑「シマカノコガイ」 

石巻貝に近い巻貝で、綺麗な縞模様のある殻が特徴です。
写真のように模様は個体差が多いです。


ベタ スーパーデルタ

↑「ベタ スーパーデルタ」 

ちょっと変わった印象の体色です。
ボディが光沢のあるブルーでヒレの根本や首のあたりが赤くなるんですが、
青い色の下に赤い色があるようで紫っぽい色にも見えます。
ヒレの外側は同じ太さで縁取られるバタフライっぽいカラーリングに見えます。


スカラレエンゼル ペルーワイルド

↑「スカラレエンゼル ペルーワイルド」 

ワイルドもののエンゼルです。
ヒレがしっかり伸びています。
掲載前に売り切れになりましたが、紹介しておきます。


ロージーテトラ

↑「ロージーテトラ」 

3月27日に広島でも桜の開花のニュースがありました。
こちらのロージーテトラは名前はローズ(バラ)ですが、
桜色にも見えて春にぴったりの華やかな印象のテトラです。


ブラックエンペラーテトラ

↑「ブラックエンペラーテトラ」 

エンペラーテトラの改良品種で、全身が真っ黒になります。
真っ黒といっても地味ではなく、目に青い光沢があって黒い体の中で目立っています。
おでこがオレンジがかった肌色になっていますが、成長とともに体を縁取るようにこの肌色が入るようです。


uk_ludonatans_08_l.jpg アマゾンソード ブロードリーフ ブリクサ ハイグロフィラ・ロザエネルビス

↑「水草各種」 

他にも色々水草が入荷しています。


 

■オトシンネグロの威力を実感しました

アヌビアス・ナナ

オトシンネグロ

アヌビアス・ナナにコケが生えてきたのでネグロの水槽に入れてみたところ、
いっせいに群がって綺麗にしてくれました。
コケ取り能力の高さはよく知られていますが、さすがというところですね。

タイヤトラックスパイニーイール

タイヤトラックスパイニーイール

前回入荷の写真より、だいぶ体色もたたずまいも落ち着いた感じで撮れました。
スポンジフィルターに寄り添って休憩しています。

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン グッピー ベタ

17.3.24 入荷情報 「スネークヘッド他色々入荷しています!」

皆さんこんにちは。
今回はスネークヘッドが色々入荷しています。
他にも小型魚、プレコシクリッドなど色々紹介しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


バーミーズレッドフィンスネークヘッド

↑「バーミーズレッドフィンスネークヘッド 8cm」 

ミャンマー産のスネークヘッドです。
青い色のヒレがオレンジで縁取られるとても綺麗な種類…なんですが、
入荷したばかりでサイズもまだ小さめなので写真の通りの体色です。
今後落ち着いてきたら色は出てくると思います。

↓のリンクに以前の記事で、入荷した綺麗な発色の個体が載っています。
参考にしてください。(この時は"ビルマスネークヘッド"の名前で入荷しています)

http://nakanoaigyoen.blog105.fc2.com/blog-entry-1221.html


アフリカンスネークヘッド

↑「アフリカンスネークヘッド 10cm」 

スネークヘッドのほとんどはアジアに生息しますが、アフリカにも3種類のスネークヘッドが生息しています。
そのうちの一種がこちらのアフリカンスネークヘッドです。
派手な色はありませんが、顔つきのヘビっぽさ・毒蛇のようなワイルドな感じの色合いなど
独特の魅力のあるスネークヘッドです。



オセレイトスネークヘッド

↑「オセレイトスネークヘッド 10cm」 

黄色で縁取られた黒いスポット模様が目立つ中型スネークヘッドです。
尖った顔と太く短い独特の体型になり、また水槽に馴染むとメタリックグリーンの色が出てくることが多いです。


レインボースネークヘッド

↑「レインボースネークヘッド 

オレンジ色や緑色など、とても派手な色が入る小型スネークヘッドです。


チェッカーボードスネークヘッド

↑「チェッカーボードシクリッド 

黒くて四角い模様が規則的に並び、チェッカーボード模様になっています。
幼魚やメスはこのチェッカーボード模様以外は特に特徴が出ないですが、
雄は写真のように青白い光沢がライン状に入り、ヒレも青白い縁取りや赤い発色が出てきます。
背びれと尾びれの端が伸びてきて、とても優雅な外見になります。

チェッカーボードシクリッド

最初の写真の1匹が特に発色がいいんですが、他の個体もいつもに比べて大きめサイズで
すぐに綺麗になってくると思います。



ブロンズパファー 

↑「ブロンズパファー 

金色の光沢がある体色の淡水フグです。
最大10cmほどになる種類です。

フグの仲間としては縦に平べったい体型をしているので、
「淡水マンボウ」という別名で呼ばれることもあります。
もちろんマンボウではなくフグなんですが、独特の見た目がかわいらしいです。


ブルーフィンパナクエ

↑「ブルーフィンパナクエ 8cm 

青いプレコといえばブルーフィンプレコがいますが、名前が似ている本種は より深い紺色に近い青で、各ヒレが青白く縁取られるシックな色合いをしています。
パナクエ(ロイヤルプレコ)とは違う仲間なんですが、パナクエのようなごつい体型をしているので
この名前があります。


コームスケールレインボーフィッシュ

↑「コームスケールレインボーフィッシュ 

レインボーフィッシュとしては最大級になる種類です。
赤レンガのような体色で、ギラギラ光る鱗が斑状にあって派手な外見をしています。


タイヤトラックスパイニーイール

↑「タイヤトラックスパイニーイール」 

網目のような模様をタイヤの跡に見立てたネーミングのスパイニーイールです。
グリーンやピーコックに比べて大きくなる種類です。
成長すると魚食性が強くなるので小型種と違い小型魚との混泳は難しくなりますが、
体が太くなって迫力が出てきて、大型種ならではの魅力があります。
ニシキヘビのような模様なので、大蛇のようなインパクトのある外見になりますよ。


ロックシュリンプ

↑「ロックシュリンプ」 

ザリガニのような迫力のある、大きくなるヌマエビの仲間です。
見た目と対照的に大人しく、ブラシのような前脚で水中の有機物をキャッチして食べる性質で知られています。


ハーフバンデッドローチ

↑「ハーフバンデッドローチ」 

再入荷です。
ローチとしてはややマニアックな種類なのでどうかな?と思いましたが、わりと好評でした。

ハーフバンデッドローチまじり

前回もそうでしたが、今回も1匹違う模様のローチが混じっていました。


オレンジスポットセルフィンプレコ

↑「オレンジスポットセルフィンプレコ(小)」 

セルフィンプレコの近縁の種類です。
色合いはよく似ていますが、薄い茶色に大きいこげ茶色の丸い模様が入るセルフィンプレコに対して、
こちらのオレンジスポットセルフィンは逆にこげ茶色の地肌に薄い茶色(オレンジ?)の虫食い模様が入ります。


レッドゲオファーグス

↑「レッドゲオファーグス 5cm」 

ゲオ(大地)ファーグス(食べる)という名前の通り、砂を頻繁に口で掘ってはその中の餌を食べて砂を吐き出すという性質のある中型シクリッドです。
ゲオファーグスは綺麗な色の種類が多く、このレッドゲオファーグスはヒレの赤い色や体に浮かぶ光沢のラインが特徴です。
今回はサイズのわりに結構色が出ていますが、成長とともにより綺麗になり、またヒレも伸びてきます。


白メダカ
クロメダカ

↑「白メダカ&クロメダカ」 

最近はとても春らしい気候になってきましたね。
暖かくなるとヒーターなしでも産卵するようになります。

今回は改良品種の定番・白メダカと、原種のクロメダカが入荷しています。


 

■1匹のみですが、こういうスネークヘッドも!

ニューレインボースネークヘッド

ニューレインボースネークヘッド

今回スネークヘッドが色々入荷しているので、以前からいるこちらも写真を撮りました。
すごく綺麗な色が出ているんですが、何故かまだ売れていないです。
怯えると色が褪せることはありますが、おおむね綺麗な状態です。

ニューレインボースネークヘッド

片方の目の後ろの鱗が少しはがれているところがあるので、ご了承ください。

 

ヒメダカ

ヒメダカ

今まで30cmキューブ水槽に入れていましたが、今回はこちらの60cm水槽に入れました。
青いバックスクリーンがよく映えて、より綺麗に見えます。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド フグ スネークヘッド

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード