17.10.31 入荷情報 「ヒョウ柄のロレトエンシス!」

皆さんこんにちは。
今日で10月も終わりですね。
今年も残り2か月、朝晩の冷え込みに冬が近づいているのを感じます。

今回はワイルドもののレアなコリドラス、プレコが入荷しています。
テトラやベタなどの小型魚も!


■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

コリドラス・パンサーロレト

↑「コリドラス・パンサーロレト"ジュタイ" (調整中) 4cm」 

ジュタイ川産のワイルドコリドラスです。
コリドラス・ロレトエンシスのようなスマートで頭が角ばったスタイル、
透明感のある体に斑点模様という特徴を持ったコリドラスですが、
斑点模様が大きくヒョウ柄(パンサー)になっているのでこの名前があります。

特に、背中に沿ってアーチ型にブロークンストライプが入っていて、
いわゆる「ロレトアーク」にも似ていますが、
こちらのほうがボディのスポットが多く入っています。
エヴェリナエのロレトエンシス体型バージョンのような外見が面白いコリドラスです。


ブロキス パンタナル ワイルド

↑「ブロキス・スプレンデンス パンタナル ワイルド 6cm (調整中)」 

パンタナル産のワイルド物のブロキス・スプレンデンスです。

まだ色は飛んでいますが、メタリックグリーンが綺麗に出てくると思います。


コリドラス・プルスジュリー

↑「コリドラス・プルスジュリー 4-5cm(調整中)」 

プルス川産のジュリーです。
ジュリーはポピュラーなブリード個体の他、コロンビアなど様々な産地からワイルド個体が入荷しますが、それぞれ特徴があります。
こちらのプルスジュリーは大きくなるタイプだそうで、今回入荷した個体も左の個体のように5cmくらいのものが2匹います。体高があってボリューム感があります。
同じプルス産でもトリリネアータスに近いネットワーク模様の個体もいますが、今回はほぼスポット模様の個体です。

ただ、ワイルド個体だとよくあることですが入荷直後でコンディションを落としていて、まだヒレをたたんであまり動かない状態です。痩せていたりはしないので復調するとは思います。


スカーレットトリムプレコ

↑「スカーレットトリムプレコ (調整中) 11cm」 

体の模様やヒレの赤い発色が良好でなかなかいい個体だと思います。

スカーレットトリムプレコ



ペルーグラステトラ

↑「ペルーグラステトラ」 

透明な体と、頭部がとがった独特の菱形の体型が特徴のテトラです。
内臓部分もガラス細工のような不思議な外見になっています。


ゴールデンフレームテトラ

↑「ゴールデンフレームテトラ」 

フレームテトラの改良品種で、頭部から胴体の半ばまでが
原種のグレーからクリーム色になり、赤い色との対比がより美しく出ています。


ディープレッドホタルテトラ ディープレッドホタルテトラ

↑「ディープレッドホタルテトラ」 

ホタルテトラの体色が赤いバリエーションです。
まだ薄いピンク~オレンジくらいですが、発色すると鮮やかな赤色になります。
小型で大人しい魚なので、水草水槽によく合います。


オトシンネグロ

↑「オトシンネグロ」 

写真のように少し大きめの個体もいます。


プンティウス・ゲリウス

↑「(再)プンティウス・ゲリウス」 

ややマイナーな小型コイですが、結構人気で追加で入荷しています。
こういう繊細な光沢がある魚は、実物はもっと綺麗です。
ぜひ見に来てください。


ナノストムス・エスペイ

↑「ナノストムス・エスペイ」 

再入荷です。
玄関正面の水槽で他の魚に混じって泳いでいます。


ベタ・スーパーデルタ ダンボ

↑「ベタ・スーパーデルタ ダンボ」 

胸びれが大きくなるベタの品種です。
ゾウのキャラクターの「ダンボ」の名前がついていますが、
前から見ると大きく広がった胸びれをパタパタさせる様子が
まさにゾウの耳のようでかわいらしいです。

今回はヒレが大きいスーパーデルタのダンボです。

青白い色に背中、尾びれの上側に少しマーブル模様が入っています。
もう少し模様は変化してくるかもしれません。


 

 

■当店おすすめのコリドラスはこれ!

コリドラス・コンコロール

コリドラス・コンコロール

当店で特におすすめしているコリドラスです。
黒紫色の深みのある体色、赤紫色の背びれ、尾びれという変わった色合いをしています。
体型もカウディマクラータスやメタエのように、丸っこくてかわいらしい体型です。

このコリドラスは小さい時は色が薄くて本当の美しさがわかりにくいのですが、
入荷からある程度経ってしっかり飼い込んであるのでいい色が出ています。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

17.10.27 入荷情報 「プレコ、繊細な小型美魚が入荷しました」

皆さんこんにちは。
プレコシーズンのようで、今回もまたプレコを入荷しました。
プンティウス・ゲリウス、ジェリービーンテトラなど繊細な美しさの小型魚、
人気の国産ビーシュリンプもいます。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

ブルーフィンパナクエ

↑「ブルーフィンパナクエ (調整中) 8cm」 

海の色のような深い紺青色の体色が独特なプレコです。

頭が大きい体型からパナクエと名前がついていますが、
実際にはカイザー系に近い種類だそうです。

ブルーフィンパナクエ

尾びれの青白いエッジがしっかり出ていていい感じです。


グリーンロイヤルプレコ

↑「グリーンロイヤルプレコ 8cm (調整中)」 

モスグリーンに細めのストライプが入るロイヤルプレコです。
このサイズになると、パナクエらしいボリュームのある体型になってきます。


プンティウス・ゲリウス

↑「プンティウス・ゲリウス」 

金色の光沢と黒い模様が入る小型コイです。
スマトラと同じプンティウスの仲間ですが、性質は正反対で
非常に大人しく、落ち着いた性格をしています。
そのため、スマトラのような魚との混泳は向きませんが、
大人しい魚同士だと相性がいいです。

ややデリケートで入荷直後は痩せていることもあるんですが、
今回は痩せも無く安定した状態で入荷しています。

プンティウス・ゲリウス

体に透明感があり、光が当たると体の内側から光って見える繊細な美しさがあります。
見る角度によって、背びれに綺麗なレモンイエローの発色が出ます。


ジェリービーンテトラ

↑「ジェリービーンテトラ」 

アフリカ産の小型テトラで、スマートな体にライトグリーンの発色と、
ヒレに矢羽のようなオレンジの模様が入ります。
アフリカのテトラはコンゴーテトラのようなやや大きくなる種類が多いですが、
本種は最大3cm程度と小さい種類です。水草レイアウトにもよく合います。


国産レッドビーシュリンプ
国産ビーシュリンプ

↑「国産レッドビーシュリンプ&黒ビーシュリンプ」 

人気の国産ビーシュリンプが入荷しています。
レッドビーは写真のようにタイガーバンド、日の丸などもいます。
黒ビーシュリンプはタイガーバンド個体がほとんどです。
どちらも白の発色が分厚く、クオリティが高いです。


紅白ワグソード

↑「紅白ワグソード(調整中)」 

体色が紅白のツートンカラーになる紅白ソードと、各ヒレが黒くなるワグの組み合わせです。


ダーターテトラ

↑「(再)ダーターテトラ」 

意外と人気で残りが少なくなったので再入荷しています。


ロージーローチ

↑「ロージーローチ 

こちらも再入荷です。
ローチ(ドジョウ)の仲間としてはとてもよく泳ぐ魚です。


 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ カラシン ローチ

17.10.24 入荷情報 「ワイルドコリドラス、プレコが色々。調整完了個体もいます」

皆さんこんにちは。
今日は調整中の魚が多いんですが、ワイルドもののコリドラスプレコ
あまり入荷の無いラスボラ、調整完了のコリドラスの紹介などいろいろあります。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

 

 

 

コリドラス・イミテーター

↑「コリドラス・イミテーター 5cm (調整中)」 

アドルフォイ模様のコリドラスは現在当店にはエレガンス体型のナイスニィがいますが、
セミロングノーズ体型のイミテーターも入荷しました。
背中のバンドが浅く入るアドルフォイそのままの模様ですが、ややロングボディで
ショートノーズとロングノーズの中間のセミロングノーズの顔つきにになります。


コリドラス・スポッテッドバーゲシィ

↑「コリドラス・スポッテッドバーゲシィ 5cm (調整中)」 

バーゲシィにスポット模様を足した感じのコリドラスということで、このような名前があります。
この写真だとわかりづらいですが、バーゲシィと同様背中の黒い模様とアイバンドの間に
オレンジ色が入っています。
メラニスティウスなど似た模様のコリドラスはいますが、このスポッテッドバーゲシィは
「ミストスポット」と呼ばれる 非常に細かい模様が入るのも魅力です。
今回は大きめでしっかりした個体が2匹入っています。


コリドラス・パンタナルエンシス

↑「(再)コリドラス・パンタナルエンシス 6cm (調整中)」 

9月に入荷してすぐに売れたコリドラスで、再入荷です。
体高が出てボリュームのある体型ですが、顔つきがエレガンスっぽいところがあるのが個性的です。
体色は鮮やかなオレンジ色で、そこに青緑色の光沢が乗ってきます。
色としてはブロキス・ブリスキーによく似ています。


コリドラス・ゴッセイ

↑「コリドラス・ゴッセイ 3cm (調整中)」 

まだ在庫が何匹かいますが、入荷しておきました。
オレンジのヒレや茶色に斑点の模様などステルバイと共通する点がありますが、
こちらのゴッセイは体側に光沢のある紺色が乗り、背びれもオレンジになり、
尾びれにくっきりした縞模様が入るという特徴があります。


クイーンオレンジフィンカイザープレコ

↑「クイーンオレンジフィンカイザープレコ 6cm (調整中)」 

最近何度かオレンジフィンカイザーが入荷していますが、
こちらの"クイーン"タイプは久しぶりです。
普通のオレンジフィンカイザーはスポットやヒレのエッジが黄色いのですが、
こちらのクイーンオレンジフィンカイザーはオレンジ色がかったスポット&エッジになるという違いがあるそうです。
今のところあまり違いがないので、クイーンらしさが出てきたら撮影しなおそうと思います。

コリドラス、プレコは特にワイルド個体は基本的に入荷直後は調整中にしています。
販売可能になるまで今しばらくお待ちください。


ラスボラ・カロクロマ

↑「ラスボラ・カロクロマ (調整中)」 

ブラックウォーターに生息するコイらしい、赤茶色の体色が特徴のラスボラです。
現在4cmほどで普通のラスボラなら成魚サイズですが、本種は10cmほどなので
まだまだ大きくなります。

元気に泳いでいますが、こういう魚は入荷直後にコショウ病が出やすいので、あらかじめ調整中にしています。


プンティウス・フィラメントーサス

↑「プンティウス・フィラメントーサス」 

スマトラなどと同じプンティウスの仲間のコイですが、こちらも10cm以上と大きめになる種類です。
尾びれの先のワンポイント模様、体のメタリックグリーンの光沢が綺麗です。
成長すると背びれの骨がたなびくように伸びてきます。


国産ゴールデンフルレッドグッピー

↑「国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)」 

尾びれからボディまで真っ赤になるフルレッドグッピーのバリエーションで、
地肌の色が肌色になるゴールデン体色の個体です。
背中から見ると赤と肌色にくっきり分かれた面白い姿になっています。


スノーホワイトシクリッド

↑「スノーホワイトシクリッド 

青白い色と赤目が綺麗なアルビノのアフリカンシクリッドです。


調整完了個体の紹介
コリドラス・シクリ

↑「コリドラス・シクリ 5cm」 

真っ白な体色に斑点とアイバンド模様のセミロングノーズコリドラスです。
白い体に濃いアイバンド、ほどよい密度で入ったスポットがよく目立ちます。

コリドラス・ステルバイ

↑「コリドラス・ステルバイ(小)」 

ブリード個体のステルバイは痩せていることもありますが、
今回はしっかりした個体が入荷しています。

コリドラス・パレアタス アルビノ

↑「コリドラス・パレアタス アルビノ 3cm」 

アルビノのパレアタス(青コリドラス)です。
白コリ(アエネウスのアルビノ)よりもスマートで、
またノーマルのパレアタスと同じ場所に光沢の斑点が入ります。
↑の写真の左側のように、光の当たり方でギラギラと光って見えます。


ラスボラ・ヘテロモルファラスボラ・エスペイ

↑「ラスボラ・ヘテロモルファ&エスペイ」 

こちらも調整完了しました。
状態が上がって発色もよくなっています。

 

 

■パステルカラーが綺麗です


国産RREAアクアマリンレッドテールグッピー

国産RREAアクアマリンレッドテールグッピー

当初写真がうまく撮れなかったので以前の個体の写真を紹介していましたが、
改めて現在の個体の写真を撮影しました。
尾びれも大きくなり、パステルブルーとレッドのヒレの色彩が美しく出ています。

 

リネロリカリア・レッド

リネロリカリア・レッド

欧州ブリード個体だそうですが、あまり違いはないように見えます。
赤い色はよく出てきています。

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム ロリカリア シクリッド プレコ コリドラス グッピー ラスボラ

17.10.20 入荷情報 「ロイヤル、トリム系プレコやバトラクスなど入荷しています」

皆さんこんにちは。
今日はワイルドもののプレコや、美しいアルビノ品種のシクリッド
かわいい顔のナマズなどが入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

 

ゴールデンロイヤルプレコ

↑「ゴールデンロイヤルプレコ"アラグアイア" 6cm (調整中)」 

ブラジル中部を南北に走るアラグアイア川産のプレコで、ロイヤルプレコのバリエーションとしては入荷の少ないほうの種類です。
濃い焦げ茶色~黒の地に黄色のストライプが入ります。
成長するとくっきりしたストライプが多数入る模様になります。

大きめの個体も当店にはいますので、成長後の参考にしてください。


タパジョスグレイトリムプレコ

↑「タパジョスグレイトリムプレコ 6cm (調整中) 」 

灰色の体にドット模様が入り、ヒレの角に黒・白のチップ模様が入る、
モノクロームの渋い体色をしたレポラカンティクス属のプレコです。
シャドーホワイトトリムプレコとも呼ばれます。


バトラクスキャット バトラクスキャット

↑「バトラクスキャット 6-7cm」 

タティアやウッドキャットなどと同じアウケニプテルス科に属するナマズで、
変わったキャラクターの多いアウケニプテルスの中でも特に個性的な外見をしています。
受け口気味の大きい口と頭で、常にふわふわと泳いでいます。
最大で20cm前後とそこそこ大きくなります。

"バトラクス"というのはラテン語でカエルの意味で、確かにそのようなかわいい顔つきをしています。


アカリクティス・ヘッケリィ アルビノ

↑「アカリクティス・ヘッケリィ アルビノ 6cm」 

アカリクティス・ヘッケリィというゲオファーグスの仲間のシクリッドのアルビノ品種です。
アルビノの魚の中には色が白一色で特徴の無くなるものもいますが、
ヘッケリィのアルビノは地肌は白くてもヒレの赤い色や光沢の斑点はしっかり残り、
ヒレも伸びて原種の良さを残したアルビノ品種になります。
おすすめの1匹です。

アカリクティス・ヘッケリー アルビノ

現在の発色はまだまだですが、成長するとヒレや体の色が出てきて、
背びれや尻びれ、尾びれの端がフィラメント状に伸びてきます。

参考までに、↑の過去に入荷した個体の写真で10cmほどのサイズです。
成魚で20cmほどになります。


ダーターテトラ

↑「ダーターテトラ(調整中)」 

テトラとしては珍しく、普段は底でじっとしている変わった習性の種類です。
↑の写真のように、やや斜め上を向いて胸びれと腹びれで体を支えています。

ダーターテトラ

1匹が泳ぎだすと、つられるように他の個体も泳ぎだします。
ホバリングのようにふわっと泳いでは別の場所で落ち着きます。


タイガーミッキーマウスプラティ

↑「タイガーミッキーマウスプラティ」 

赤い縞模様が特徴のタイガープラティとミッキーマウスの組み合わせの品種です。

タイガーミッキーマウスプラティ

赤みが強い個体から、白い部分が多い個体までいろいろいます。
ミッキーマウス模様もスタンダードなものから、最初の写真のようにツインバーとミッキーマウスの組み合わせの
"バットマン"と呼ばれるタイプなどもいます。


チェッカーボードシクリッド

↑「チェッカーボードシクリッド(小)」 

細身の体に黒い四角の斑点が交互に入り、チェッカーボード模様になった
小型のシクリッドです。
今回はかなり小さい個体なので雌雄の特徴が出るのはしばらくかかると思いますが、
雄はヒレがたなびくように伸び、青い光沢や赤い色が出ます。


マーブルハチェット

↑「マーブルハチェット」 

ポピュラーながら美しい大理石模様で知られるハチェットです。
水面近くにいるので、水景にアクセントを与えてくれます。

マーサハチェット

1匹だけですが、近縁で黒い縁取りと斑点模様になるマーサハチェットも混じっていました。


ショートノーズクラウンテトラ

↑「ショートノーズクラウンテトラ ベビー」 

意外と人気なようで、また再入荷です。


レッドライントーピードバルブ

↑「レッドライントーピードバルブ」 

赤いライン模様、尾びれの黒と黄色の模様が目立つコイの仲間です。
写真の上半分の個体が以前からいる赤が綺麗に出た個体、
下半分が今回入荷した個体です。
今回入荷分はまだ赤が薄いですが、サイズ自体はこちらのほうが大きいです。
調子は良さそうなので、しばらくすると本格的に発色してくると思います。


theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド ゲオファーグス ナマズ

17.10.17 入荷情報 「プレコとコリドラス、ベタをメインで紹介します」

皆さんこんにちは。
今日はコリドラス、プレコを調整中個体、調整完了個体を紹介します。
また、綺麗なベタやグッピーも入荷しています。


■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

 

コリドラス・イルミネータスゴールド

↑「コリドラス・イルミネータス ゴールド(調整完了)」 

イルミネーションのような金色のラインが背中に入るコリドラスです。
体色も綺麗なオリーブグリーンで、ヒレまで同じ色が入ります。
入荷時に紹介していなかったので初めての紹介になりますが、調整完了で販売可能になっています。


スターライトグローボ

↑「スターライトグローボ 6cm (調整中) 」 

ダルマプレコの仲間で、白いスポット模様が入るタイプのプレコが"〇〇グローボ"と呼ばれますが、その中でも代表的な種類がこちらのスターライトグローボです。
名前通り、星の光のようにスタースポットが散在する美しいプレコですが、ダルマプレコらしいずんぐりした体型をしています。

スターライトグローボ

上からだとわかりやすいですが、今のサイズでもこの横幅です。


ベタ スーパーデルタ
ベタ スーパーデルタ

↑「ベタ スーパーデルタ」 

スーパーデルタはデルタテールとハーフムーンの中間の尾開きの品種で、
数値で言うと160~180度までの範囲で尾びれが開きます。
フレアリングすると180度に近い角度で開く個体が多いです。
カラーリングも豊富で、手ごろな値段ながら品質の高いベタです。

今回は↑の2匹が入荷しています。

赤いほうは定番のレッドですが、体の光沢が紫色になっています。
レッドだと青い光沢になる個体が多いので、この点が個性的です。
もう1匹は黒でボディに光沢が出るブラックドラゴンに近い体色ですが、
ヒレの色が黄色であまり見かけないタイプです。
ヒレの縁がフリルのようになったローズテールタイプです。
フレアリングさせることでより魅力のわかる個体です。


国産プラチナモザイクグッピー(ペア)

↑「国産プラチナモザイクグッピー(ペア)」 

青から金色にグラデーションする光沢が入る"プラチナ"という遺伝子を持った
モザイクの尾びれのグッピーです。
まだ尾びれが小さい若い個体のせいか、活発にオス同士で追いかけっこをしているので
なかなかいい写真が撮れませんでした。
ピントはあってないですが、雰囲気重視で選んだ写真です。
これから尾びれも大きくなってくると思います。


アーリー

↑「アーリー」 

青い体色のアフリカンシクリッドの定番種です。
まだ若い個体なので発色はこのくらいですが、雄は大きくなるとともに徐々に青が強くなって
綺麗なメタリックブルーの体色になってくると思います。


シルバーハチェット

↑「シルバーハチェット」 

銀色の体と体から尾びれに入るライン模様が特徴のハチェットです。


オトシンネグロ

↑「オトシンネグロ」 

コケ取りに最適で丈夫なオトシンクルスです。
やや小さめですが、活発に動いています。


■調整完了しました

以前調整中で紹介して、 調整完了したので改めて紹介する魚です。

コリドラス・ロブスタス

↑「コリドラス・ロブスタス6cm」 

背びれが伸びる大型コリドラスです。
1匹限定です。


オレンジフィンカイザープレコ

↑「オレンジフィンカイザープレコ 6cm」 

黒い体に大きめの黄色い斑点が入り、ヒレの縁にも黄色い色が入る派手なプレコです。
撮影用に手で持つとこのように色が飛んでしまうんですが…

オレンジフィンカイザープレコ

普段落ち着いているとこのように地肌の色が濃くなってスポットが綺麗に出ます。


オレンジフィンカイザープレコ

このスポンジフィルターの周りがお気に入りのようで、くっついていることが多いです。


 

■個性が大事?イレギュラーな模様の魚

ブルーアイゴールデンブッシープレコ ぶち模様

ゴールデンブルーアイブッシープレコ

ふと目にとまったんですが、この個体は尾びれに黒いぶち模様があります。
うっすらもやのように色が出ることはあるんですが、
このようにくっきり模様が出る個体はあまり見かけないです。

模様の無いプレコだけに、こういう目立つ特徴があると愛着がわくかもしれません。

レッドトップミッキーマウスプラティ
ミッキーマウスプラティ

レッドトップミッキーマウスプラティ

紹介するのを忘れていて、掲載用に撮影していて気づきました。
2枚目の写真に1匹だけ、ミッキー模様がない個体が混じっています。
これもある意味個性でしょうか。

 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード