17.7.4 入荷情報 「コイカラーのベタです」

皆さんこんにちは。

今日は種類は少なめですが、ニシキゴイの模様のベタ、レモンテトラの綺麗なタイプなどが入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


ベタ プラカット ハーフムーン コイマーブル

↑「ベタ プラカット ハーフムーン コイマーブル」

"コイベタ"という名前でも知られる、ニシキゴイのような白に赤、黒の斑模様が入るベタです。
(ヒレに青い光沢も入っています)
この模様のベタはプラカットタイプ(ヒレが野生のベタのように短いタイプ)になりますが、
ハーフムーンなので尾びれの開く角度が大きいです。
プラカットタイプのベタはヒレが小さい分、泳ぎも上手でヒレも裂けにくいという長所もあります。


ベタ スーパーデルタ 

↑「ベタ スーパーデルタ 」

ベタはこちらのスーパーデルタも入っています。
↑はシルバーのボディにヒレの根元が赤く、外側が黒で縁取られる変わった体色です。
こういうヒレの外側が太く縁取られるタイプはバタフライと呼ばれますが、
大抵は縁取りの色は白になるので黒いバタフライは"ブラックバタフライ"と呼ばれるそうです。

ベタ スーパーデルタ 

こちらは定番の青い体色でヒレに赤い色が入るタイプです。


ボリビアンレモンテトラ

↑「ボリビアンレモンテトラ」

レモンテトラの色が鮮やかなタイプです。
濃い黄色の体色、オレンジのヒレが特徴です。

ボリビアンレモンテトラ

例によって、まだ発色していないので 以前入荷した個体の写真を紹介しておきます。

レモンテトラ

ちなみに、こちらが普通のレモンテトラです。
淡いレモンイエローになります。



バルーンコバルトブルーラミレジィ

↑「バルーンコバルトブルーラミレジィ」

コバルトブルーラミレジィのバルーン個体です。

バルーンラミレジィ

同じ水槽にゴールデンラミレジィのバルーン個体もいます。
手をかざすと人懐っこく寄ってきます。


プラチナゴールデングラミー

↑「プラチナゴールデングラミー」

プラチナグラミー、ゴールデングラミーともスリースポットグラミーの改良品種ですが、
こちらの"プラチナゴールデングラミー"は両種の中間のような感じで、
ゴールデングラミーの体色を淡い色にして黒の色素を取り去ったような印象になります。


アルビノエンゼル

↑「アルビノエンゼル」

アルビノのエンゼルフィッシュです。
元になった品種はバンドのある並エンゼルのようで、うっすらバンドが光沢として見えています。

エンゼル

同じ水槽にはトリカラーエンゼルの黒が少ない個体(上)、プラチナエンゼル(右)もいます。
どれも明るい色のエンゼルですが、それぞれ個性があって面白いです。


クロメダカ

↑「クロメダカ」

野生体色のメダカも結構綺麗です。
ヒメダカに対してクロメダカと呼ばれていますが、黒というよりは灰色~茶色に近い色です。


ピクタスキャット

↑「ピクタスキャット」

南米産のナマズ"ピメロディア"の仲間の中でももっとも小型の種類です。
(口は大きいので、テトラやラスボラなどの小さい魚は食べられるのである程度のサイズになる魚との混泳が向きます)

この仲間は大型種も含みますが、本種は10cmほどにしかならないので普通の水槽でも飼いやすいです。
銀色に光る体に斑点が入り、長いヒゲや大きなヒレをひらひらさせながら活発に泳ぎ回る様子がかわいらしく人気が高いです。

 

 

■アピスト 早速撮影できました!

アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド

アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド

しっかり発色しているヴィエジタ"スーパーレッド"です。 メスも結構色が出ていて、それでいてメスらしい黄色い体色になっています。 現在水草ストック用の90cm水槽にいますが、さすがに奥に引っ込んで目立たないのでもっと見えやすい水槽に移す予定です。

ルドウィジア・インクリナータ キューバ

ルドウィジア・インクリナータ キューバ

そのヴィエジタのいる水槽でストックしているのが、こちらのインクリナータ"キューバ"です。 新芽がインクリナータの水中葉の特徴が出始めていて、葉脈の目立つ細い楕円形の葉になっています。

インクリナータ"キューバ"だと、ここからさらに細い葉が密生してきます。

 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン ベタ

17.6.30 入荷情報 「ゲオファーグスの美種 今回は幼魚サイズです」

皆さんこんにちは。
広島では、昨夜ずいぶん大雨が降りましたね。
今日の昼は雨はやんでいてところどころ青空も見えていましたが、
今日も予報では夕方7時くらいから雨が降り出すようです。

今日は綺麗なシクリッドなど人気どころが入荷しています。

 


■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


ゲオファーグス・スベニ アラグアイア

↑「ゲオファーグス・スベニ"アラグアイア" ドイツ便 4cm」
成長すると体に赤いライン模様が多数入る、美しいゲオファーグスです。

このサイズなので、今のところ本種ならではの特徴は出ていないですが…

ゲオファーグス・スベニ アラグアイア

参考に、前回入荷した個体の写真も紹介しておきます。
成長してよく発色すればゲオファーグスの中でも特に綺麗な種類だと思います。


ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド

↑「ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド(ペア) 」

産地によって様々な発色をするペルヴィカクロミス・タエニアータスですが、
こちらのナイジェリアレッドは雄の顔に鮮やかな赤い色が出てとても綺麗になります。

まだ水槽に慣れてないので雄雌とも怯えてますが…
これまで入荷した個体はどれもペア仲も良く、水槽への適応も早かったので心配要らないと思います。

ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド

メスは顔が赤くないですが、黄色い色が出ます。
ヒレや体にも鮮やかな色が出て、メスも綺麗なのがペルヴィカクロミスの魅力です。


国産RRE.Aスーパーホワイトグッピー(ペア)

↑「国産RRE.Aスーパーホワイトグッピー(ペア) 」

これから暑くなる季節にぴったりの、涼しげな見た目をしている
明るい水色のヒレと真っ白な体が特徴のグッピーです。

RRE.Aスーパーホワイトグッピー ペア

光が当たると、体にも青い光沢が出ます。



国産RRE.Aアクアマリンレッドテールグッピー(ペア)

↑「国産RRE.Aアクアマリンレッドテールグッピー(ペア) 」

こちらもリアルレッドアイアルビノのグッピーです。
赤い尾びれに青く光る尾の付け根の組み合わせの アクアマリンレッドテールは、
ノーマルでも綺麗で人気のあるグッピーですが、
リアルレッドアイアルビノになると青と赤がパステル調の淡い色になり、
また地肌が肌色になります。

この組み合わせのグッピーには "パンジーグッピー"というかわいい別名もあります。


ピーコックスパイニーイール

↑「ピーコックスパイニーイール 15cm」

体の後ろに孔雀(ピーコック)のような目玉模様が入るスパイニーイールです。
今回は大きめサイズで、体の縞模様や目玉模様の縁取りが綺麗な黄色になっています。
よく太っていて元気そうです。


マーブルグラミー

↑「マーブルグラミー」

スリースポットグラミーの改良品種です。
スリースポットグラミーは、体の中央、尾びれの付け根に2つスポットがあり、
目と合わせて3つの斑点があることからこの名前で呼ばれますが、
マーブルグラミーは体のスポットが絵筆で描いたような斑模様になっています。

普通のスリースポットグラミーもそうですが、興奮すると全身に斑模様が出てきます。


グラスハチェット

↑「グラスハチェット」

最大3cmほどの小型のハチェットです。
体が透けていて、金色の光沢が浮かんでいます。

 

 

■こちらのテトラも入荷していますが…

ダーターテトラ

ダーターテトラ

最近、個性派のテトラが好評なので今回は底を住処にする変わった性質で知られる
ダーターテトラも入荷していましたが、すぐに完売になりました。

パンダガラ

パンダガラ

前回水あわせ中の写真だったのですが、
今回は黒白がはっきりした体色になっていたので撮影しなおしました。
石巻貝にくっついているかわいいポーズで撮影できました。

 

 

 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン グッピー

17.6.27 入荷情報 「カラシン、アピスト、エキノなど入荷しています」

今回は個性的な見た目のイグアノデクテスや、アピストの美種など小型の綺麗な魚がメインです。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


イグアノデクテス・アドゥジャイ

↑「イグアノデクテス・アドゥジャイ」

最近、レアカラシンが色々入荷していますが、また面白いカラシンが入荷しました。

"イグアノデクテス"という、まるでカタクチイワシのような非常に細長い体をしたカラシンです。
この仲間ではイグアノデクテス・スピルルスという種類は比較的入荷が多いですが、
こちらのアドゥジャイは入荷が少なく、また赤、金色、緑色のラインが平行して入る綺麗な模様で知られる種類です。
当店初入荷です。

イグアノデクテス・アドゥジャイ

今ストックしている水槽は照明の関係で中央の金色のラインが見づらいですが、
フラッシュを焚くとわかりやすくなります。
明るい水槽だとこの金色のラインも見やすくなると思います。


cfコペランディ

↑「ハイフェソブリコンcfコペランディ (再入荷)」

またまた 再入荷しました。
今回はより多めに入荷しています。


タイガーヒルストリームローチ

↑「タイガーヒルストリームローチ」
 (ベトナムバタフライプレコ)

当店では 久しぶりに入荷しました。
ヒルストリームローチの中でも、くっきり入る網目模様が綺麗な種類です。

タイガーヒルストリームローチ


今回は結構大きめのサイズです。

タイガーヒルストリームローチ

裏側から。
上から見ると、ヒレの形のためにエイのような体型に見えます。


アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド

↑「アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド(欧州ブリード・ペア) 」

ヒレや体に赤い模様が入るアピストグラマです。
原種だとそこまで派手なアピストではないですが、
ヨーロッパで品種改良された高品質なものは鮮やかな赤が広範囲に出て、
顔の青い光沢や地肌の白い色との対比が 非常に綺麗です。

アピストグラマ・ヴィエジタ スーパーレッド

水草水槽に入れていますが、今回はこちらの水合わせ中の写真を紹介するだけにしようと思っていました。
奥に引っ込んでしまったんですが、意外にも発色が早かったので最初の写真を紹介することにしました。
ちゃんとピントがあって発色もよくわかる写真は後日紹介したいと思います。



アピストグラマ・ボレリィ オパール

↑「アピストグラマ・ボレリィ オパール(ペア・欧州ブリード) 」

小型のアピストグラマ、ボレリィの改良品種です。
顔に赤い色とメタリックブルーの複雑な模様が入ります。
歌舞伎の隈取のような感じです。
体色も青白い光沢が乗り、ヒレに黄色い色も入ります。
ヴィエジタもそうですが、アピストは落ち着いた状態でヒレを伸ばすととても綺麗です。
今後の発色をお楽しみに!


エキノドルス・ウルグアイエンシス

↑「エキノドルス・ウルグアイエンシス
 「エキノドルス・レッドルビン」

アマゾンソードが有名なエキノドルスですが、他にも色々な種類があります。
↑のウルグアイエンシスは、幅広のテープ状の葉が特徴です。

エキノドルス・レッドルビン

↑こちらのレッドルビンは赤紫色の葉になりますが…
現在は水上葉のため緑色です。


ベタ・スーパーデルタ ホワイト

↑「ベタ・スーパーデルタ ホワイト」

鏡にもよく反応してフレアリングしてくれます。
今回のホワイトは少し青白い光沢が乗っています。


国産ドイツラミレジィ

↑「国産ドイツラミレジィ」

いつもに比べて少し小さめのドイツラミレジィですが、その分お手ごろな値段です。
発色はとてもよく、ドイツラミレジィらしい赤が尾びれに出ています。


ロイヤルファロウェラ

↑「ロイヤルファロウェラ」

ファロウェラとロリカリアの中間のような雰囲気で、成長すると若干体高と体の幅が出て、
鼻先が尖った流線型の姿になります。
背びれや胸びれがカールするように大きくなり、とても優雅な姿になります。


アルビノチェリーバルブ

↑「アルビノチェリーバルブ」

今回はあまり発色していないですが、
雄個体はノーマルとはまた違った透明感のある赤い色になります。


ピグミーグラミー

↑「ピグミーグラミー」

最大3cmほどの小型のグラミーです。
青い光沢が体やヒレに入ります。
小さい体でちょこちょこと泳ぐ様子がかわいらしいです。


■ポートホールキャット よく泳ぐようになりました

ポートホールキャット

ポートホールキャット

見た目はだいぶ違いますが、コリドラスに近い種類です。
入荷した時はあまり活発ではありませんでしたが、今は2匹一緒によく泳ぐようになっています。

ヒメタニシ

当店で生まれたヒメタニシの子供がこのくらい(約1cm)大きくなりました。
殻もしっかりしてきて、大人の雰囲気に近くなっています。
サカマキガイなどのスネールと違い、卵でなく子供を直接産みます。
産む数もちょうど良く、増えすぎない程度に増えるのが長所です。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド カラシン ベタ

17.6.23 入荷情報 「カラシン、プレコ、水草などレア種人気種色々入荷しています」

今回はテトラ、プレコ、水草など多めに入荷しています。

当店初入荷のトゥッカーノテトラなどレア種、人気種も色々いるので是非見て行ってください。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


トゥッカーノテトラ

↑「トゥッカーノテトラ(調整中)」

全長3cmほどの小型のテトラです。透明なオレンジの体に黒いラインが入り、目が青く光ります。
トゥッカーノというのはアマゾンに生息するオオハシという大きなクチバシを持つ鳥で、学名も「トゥカーノイクチス・トゥカーノ」となっています。
こういう色合いの魚にありがちですが、ブラックウォーターの落ち着いた水質を好みます。
一般的なテトラと比べてもより低いpHを好み、ややデリケートなところがあるのでしばらく調整中にしておきます。


クイーンインペリアルタイガープレコ

↑「クイーンインペリアルタイガープレコ3.5cm (調整中)」

クリームイエローの体色に、黒いバンド模様がくっきりと入る小型プレコです。
今回は小さめの個体が2匹のみ入荷しています。
プレコも状態が安定しているブリード個体を除き、基本的に調整中にしていますのでしばらくお待ちください。


ブルーカメルーンロックシュリンプ ブルーカメルーンロックシュリンプ

↑「ブルーカメルーンロックシュリンプ」

アフリカ産のロックシュリンプです。 アジア産のロックシュリンプが茶色っぽく木目のような模様があるのに対して、こちらは光沢があり本当の岩のような印象を受けます。

また、若い個体でも前脚が太く棘が目立ちます。
ブルーフィンプレコ

↑「ブルーフィンプレコ 3.5cm(調整中)」

プレコの中では珍しい、青い体色をしています。


Hy cf コペランディ
Hy cf コペランディ

↑「Hy cf コペランディ」

前回入荷したものが売り切れたので、再入荷しました。

hy cf コペランディ

最初の2枚の写真は撮影用のプラケースで撮ったので色が飛んでいるため、ストック用水槽で改めて写真を撮ってみました。

ピントがあっていないのと暗いので写真写りはいまひとつですが、体の赤みや黒いスポットが出てきています。

※更新後に完売になりました。


パンダガラ

↑「パンダ ガラ」

パンダ柄のようなバンド模様のあるガラ(ドクターフィッシュ)の仲間、ということでこの名前があります。


イエローピーコックシクリッド

↑「イエローピーコックシクリッド

アウロノカラ・バエンシィという学名の、黄色い体色が特徴のピーコックシクリッドです。


ペルヴィカクロミス・プルケール

↑「ペルヴィカクロミス・プルケール(ブリード)」

アフリカの川に住むシクリッドです。 湖に住む種類と違い中性に近い水質を好み、見た目も南米のアピストっぽい印象があります。

大きさはばらつきがありますが、写真のように大きくなると綺麗な色が出ます。
リネロリカリア・レッド

↑「リネロリカリア・レッド」

ヨーロッパで品種改良された、赤茶色の独特の色合いをしたロリカリアです。

入荷直後なので色はいまひとつですが、以前入荷した個体もまだ2匹いて、そちらは↓の写真のようにしっかり色が出ています。

リネロリカリア・レッド


寄せ植え水草 球型小

↑「寄せ植え水草 球型小」

置くだけでレイアウトできる、ソイルの塊に植え込んである商品です。
主にラージパールグラスと赤系水草(ルドウィジア、アルテルナンテラ)などをベースに、複数の水草が植え込まれている"寄せ植え"です。
その他に、入荷便によって色々な水草が入っているのがこの商品の見所です。
今回はヘアーグラス、ハイグロフィラ・ピンナティフィダと人気の水草が入っているようです。


ルドウィジア・インクリナータ キューバ

↑「ルドウィジア・インクリナータ キューバ」

ルドウィジア・インクリナータの変種とされる水草です。 水上葉は↑の写真のように、赤い茎とライトグリーンの葉が目立つくらいで普通のルドウィジアの姿ですが…

ルドウィジア・インクリナータ キューバ

水中葉になるとこのように葉が細く密生するようになり、まったく違う印象になります。
この写真の株は以前入荷したものです。あまり栽培条件が良くないので下葉が落ちて赤みが出ていないですが、 CO2の添加などを行って条件を整えるとより綺麗に育ちます。


ブッシープレコ

↑「ブッシープレコ 4cm」

少し大きめサイズのブッシープレコです。


クラウンキリー

↑「クラウンキリー」

黒白の縞模様のある体と、雄の尾びれが長く伸びて青、赤、黄色に色づく卵生メダカです。


 

■更新中に撮れた色々な魚

ゴンゴタローチ

ゴンゴタローチ

リネロリカリア・レッドを撮っていたら、砂に半分潜っているゴンゴタローチと急に目が合ってびっくりしました。
前回入荷したものが人気で、残り2匹となっています。お早めに!

コリドラス・ナポエンシス

コリドラス・ナポエンシス

ナポエンシスらしい、金色の美しいスポットが出ています。

ネオランプロローグス・ヘリアンサス

ネオランプロローグス・ヘリアンサス

アフリカンシクリッドということで、色揚げの影響があるかもしれないので撮影しなおしておきました。 今のところ、色はあまり変化はないようです。 そういえば、"ヘリアンサス"という名前が花みたいな響きだと思っていたんですが、実際にヘリアンサスという南アフリカ産のヒマワリの仲間があるそうです。 そう言われてみるとヒマワリのような色合いのシクリッドだと感じました。

 

 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド カラシン

17.6.20 入荷情報 「ゴンゴタローチ他、小型魚メインで入荷しています」

皆さんこんにちは。
今日は超個性派ローチ、ゴンゴタローチなどが入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)


ゴンゴタローチ

↑「ゴンゴタローチ」

インドのアッサム州、メガラヤ州といったヒマラヤ山脈の麓の渓流に分布するドジョウの仲間です。 熱帯のドジョウの仲間は色々個性的ですが、その中でも特にインパクトの強い見た目をしていて、 大きな頭のてっぺんにまるでハゼの仲間のようにぴょこんと飛び出た目がかわいらしいです。

非常に砂によく潜り、潜ったまま砂を掘って移動したりもします。頭の上についた目はこのような行動に便利なように進化したものと思われます。

レイアウトは掘り返してしまうので水草の植わっていない細かい砂の水槽が向いています。
また、生息環境から高水温、酸欠には弱いと思われます。小型魚への攻撃性、捕食性も無いので飼育環境が適していれば 混泳もしやすく魅力的な魚です。

ゴンゴタローチ

今回入荷した個体はいつもより大きめです。 隣のアルビノセルフィンの幼魚(4cmほど)と比べてみてください。


ベタ スーパーデルタ ホワイト

↑「ベタ スーパーデルタ ホワイト」

ホワイト体色のスーパーデルタのベタです。 最近たまに入荷する、尾びれに等間隔に切れ込みがあってバラの花びらのように見えることから「ローズテール」と呼ばれるタイプだと思われます。 (尾びれの形は尾開きの角度とは別なので、スーパーデルタのローズテールタイプと言うことになります)


国産アクアマリンレースコブラグッピー(ペア)

↑「国産アクアマリンレースコブラグッピー(ペア)」

コブラ模様を細かくしたレースコブラにアクアマリンを組み合わせた品種です。
角度によっては金色に網目模様のレースコブラですが、写真のように見る角度によって青い光沢が尾筒~尾びれに浮かび上がります。

ネオランプロローグス・ブリチャージ

↑「ネオランプロローグス・ブリチャージ」

先日ヘリアンサスと一緒に紹介しましたが、今回こちらも入荷しています。 白く色づいて伸びるヒレ、シックなベージュの体色が特徴です。


ジェリービーンテトラ
ジェリービーンテトラ

↑「(再)ジェリービーンテトラ(調整中)」

調整中ですが、追加で入荷しています。

ジェリービーンテトラ

同じ水槽に入っているアカヒレと一緒に写っています。 活発でよく餌を食べるアカヒレと一緒でも、負けずに人工餌をよく食べています。
今回は念のため調整中にはしていますがコンディションは良好そうで、おすすめです。


パールグラミー

↑「(再)パールグラミー」

再入荷です。 尻ビレが伸びる雄個体も多く見られます。

パールグラミー

大サイズとして少し高めの値段で入荷することもありますが、今回、前回はいつもの値段と一緒でいいサイズの個体が入っています。

触角状に伸びた腹ビレも、このくらいの範囲で写さないと先端が写らないくらいよく伸びた個体もいます。


バジス・バジス

↑「バジス・バジス」

スカーレットジェムという派手な近縁種がいるので一見地味ですが、 こちらも飼い込めばしっかり発色します。特に雄は青い色が出てきます。 また、スネールを食べる性質もあります。淡水フグやトーマシーほどは食べないですが、 それらよりもおとなしくて混泳しやすいのが魅力です。


ルドウィジア・グランデュローサ

↑「ルドウィジア・グランデュローサ」

ルドウィジアの中では派手な見た目の種類で、葉がやや細くて赤紫がかった色をしていて、 リラキナやレインキーなどアルテルナンテラの仲間のような印象も受けます。 写真は水上葉で水中葉だともう少し落ち着いた色になります、


 

↓調整完了個体


コリドラス・シュワルツィ

↑「コリドラス・シュワルツィ(調整完了)」

白い背びれと黒いライン模様が特徴のコリドラスです。 ライン模様には個体差がありますが、比較的整ったラインの個体が多いと思います。 背びれも伸びやすいので飼い込む楽しみの大きいコリドラスだと思います。

コリドラス・シュワルツィ

なるべく多くの個体が写るように撮ってみました。


コリドラス・レオパルドゥス

↑「コリドラス・レオパルドゥス(調整完了)」

"ロングノーズジュリー"とも呼ばれる、ジュリーをセミロングノーズ体型にしたようなコリドラスです。 いわゆるジュリー(トリリネアトゥス)に比べて太い模様が入ります。


バルーンモーリー

↑「バルーンモーリー(調整完了)」

寸詰まりに品種改良されたモーリーで、ころころしたかわいい体型が人気です。
入荷直後はややデリケートなところのある魚ですが、今月2日の入荷からしっかりトリートメントして状態はいいです。
ブラック、ダルメシアン、シルバー、アルビノなどの色々な体色のミックスです。


プレコ撮影しました!

プレコが綺麗になっているので撮影しておきました。
まだ新しい写真を撮れていないプレコもいるので、順次紹介していこうと思います。

プラチナロイヤルプレコ

プラチナロイヤルプレコ
地肌が明るく、ストライプもくっきり出てプラチナロイヤルらしいコントラストの強い体色になっています。 3匹ほどいて、どの個体も綺麗になっています。

レモンフィンプレコ


レモンフィンプレコ

撮影しようと思ったら、元気すぎてこの直後手を離れて泳ぎ去ってしまったので、こんな写真になってしまいました。
今後ブルーフィンパナクエ、ホワイトタイガー、サンダーペコルティアあたりも紹介予定です。

ホワイトテールパナクエ

ホワイトテールパナクエ
こちらは別の水槽ですが、体の模様が出てきました。 30cmキューブ水槽にいます。 普段は底面フィルターのパイプをいい住処にしていて、セミのようにくっついています。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ シクリッド カラシン コリドラス グッピー ベタ

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード