17.5.2 入荷情報 「あのプレコのロングフィンタイプが登場!」

皆さんこんにちは。
ゴールデンウィークが始まりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
定休日の木曜日(5/4)はお休みさせていただきますが、それ以外の日は営業しています。
是非お越しください。

今回は人気のブッシープレコのロングフィンタイプが当店では初めての入荷になる他、
ポリプテルスや綺麗なベタが色々入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

ゴールデンブルーアイロングフィンブッシープレコ

↑「ゴールデンブルーアイロングフィンブッシープレコ 3cm」 

当店初入荷です。
人気のゴールデンブルーアイブッシープレコのロングフィンタイプです。
各ヒレが優雅に長く伸びています。


ポリプテルス・トゥジェルシー

↑「ポリプテルス・トゥジェルシー(ブリード) 6cm」 

比較的最近知られるようになった、新しい種類の大型ポリプテルスです。
模様はザイールグリーンやブティコフェリーのような褐色の斑模様ですが、細長い体型をしています。
幼魚サイズですが既にとってもロングボディな体型がわかります。


ポリプテルス・オルナティピンニス

↑「ポリプテルス・オルナティピンニス(ブリード)7cm」 

黒に黄色の斑点模様が特徴のポリプテルスです。
成長すると模様は細かくなり↑の写真ほどはっきりしたスポットではなくなりますが、独特な感じの美しい色合いが人気です。


ポリプテルス・パルマス

↑「ポリプテルス・パルマス(ワイルド) (調整中)」 

他のポリプテルスに比べてずんぐりした体型の小型ポリプで、かわいらしい外見とよく言われます。
黄色みがかった斑模様や、良く泳ぎ回る性質など明るい印象の種類です。


ダルマプレコ

↑「ダルマプレコ(調整中) 5cm」 

達磨さんのようなころっとした体型のプレコです。
頭が大きいところはロイヤルプレコにも似ていますが、ダルマプレコの仲間は体の幅が特に大きくなります。

ダルマプレコ

自然にしているところも撮影してみました。
ヒレや体に虫食い状の模様が入ります。


バルーンプラティ

↑「バルーンプラティ」 

バルーン体型の卵胎生メダカとしてはバルーンモーリーがポピュラーですが、こちらはバルーン体型のプラティです。
プラティ自体が比較的丸っこい体型をしていますが、さらにころころした感じの体型になっています。
サンセット、レッド、ブルーの体色にワグ(ヒレが黒い)、ミッキーマウスなどの模様が入っています。


ベタ・ダブルテール ベタ・ダブルテール

↑「ベタ・ダブルテール」 

尾びれの中央が切れ込んで二又になったベタです。
写真の青白い色に黒のマーブル模様の個体、肌色のボディと赤、青のヒレの個体の2匹が入荷しています。
今回はフレアリング中のところは撮れませんでしたが、きれいにヒレを開くと尾びれがハート型に見えます。


ベタ・スーパーデルタ 

↑「ベタ・スーパーデルタ」 

ヒレの開きがよく、体色もバリエーション豊富なベタです。
今回も↑のメタリックブルー+レッドの他、綺麗な個体が色々入っています。

ベタ・スーパーデルタ

ドラゴンタイプのメタリックなボディと、オレンジ色のヒレの個体です。

ベタ・スーパーデルタ

この個体はちょっと小さめですが、ヒレの斑状に入った白い色が面白いです。


ベタ・クラウンテール

↑「ベタ・クラウンテール」 

人気につき再入荷です。
写真の個体の他、青い色の個体がいます。


トラディショナルベタ オレンジ

↑「トラディショナルベタ オレンジ」 

定番のトラディショナルベタですが、今回はオレンジの綺麗な個体がいます。


ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド

↑「ペルヴィカクロミス・タエニアータス ナイジェリアレッド(国産ペア)」 

雄の赤い色が綺麗なペルヴィカクロミスです。
まだおびえているのであまりいい写真が撮れませんでしたが、この魚は慣れれば人も怖がらずに出てくることが多いです。
色も今後より出てくるはずなので、改めて撮影予定です。


エンゼルフィッシュ ブリード

↑「エンゼルフィッシュ ブリード」 

並エンゼルのベールテール個体から生まれたエンゼルです。


ピグミーグラミー

↑「ピグミーグラミー」 

最大で3cmほどの小型のグラミーです。
宝石をちりばめたような青い光沢や赤い斑点が入ります。
性質は大人しいので混泳も問題ないですが、サイズが小さい分混泳相手も小型魚が向きます。


ヒメタニシ

↑「ヒメタニシ」 

ほどほどに増えすぎない程度に増えるところ、丈夫なところが人気です。


ギャラクシーグラスグッピー

↑「国産ギャラクシーグラスグッピー(ペア)」 

メタリックブルーと縞模様が入るボディ、赤やクリーム色のグラス模様の尾びれが派手なグッピーです。


 

■コリドラスも大好き!ディスカスフード

コリドラス ディスカスフード

まだ調整中のコリドラス・ハブロススですが、順調にトリートメントが進んでいます。
写真のようにテトラ・ディスカスフードをよく食べています。
このディスカスフードは沈下性で食いつきが良いので、当店ではコリドラスやプレコにも与えています。
粒の大きさがほどよく食べやすいようで、底の魚にもおすすめの餌です。

 

ブロンズプレコ ホワイトスポットタイプ

先日入荷したブロンズプレコです。
普通に「ブロンズプレコ」で入荷しましたが、白いスポットが散在するタイプです。
体色もグレーというよりは、つやのある黒になっていてなかなか綺麗です。

寄せ植え水草 球型(小)

寄せ植え水草はラスト1つです。
淡いオレンジのルドウィジア・オバリスがよく伸びています。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド プレコ グッピー ベタ

17.4.25 入荷情報 「個性派小型魚&レイアウト用石材など入荷しています」

皆さんこんにちは。
前回入荷して人気だったバルーングラミー、ペンシルフィッシュに見えるラスボラなど個性派の小型魚や、
寄せ植え水草やレイアウト用の石各種など入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

ゴールデンバルーンパールグラミー

↑「ゴールデンバルーンパールグラミー」 

パールグラミーの改良品種です。

色素が薄く、地肌の色が透けた黄色になるゴールデンパールグラミー、
バルーン体型になるバルーンパールグラミーがいるんですが、
その両方の特徴を持った品種がこのゴールデンバルーンパールグラミーです。
グラミーですがエンゼルフィッシュを思わせるような体型で、淡い黄色にパールスポットが入る美しい体色です。


コリドラス・デビッドサンズィ

↑「コリドラス・デビッドサンズィ(調整中)」 

パンダやメタエのようなツートンカラーのコリドラスです。
模様は尾びれから背びれにストレートに黒いバンドが入るメリニに近い形をしていますが、
メリニと違い体の中央部分に模様が入らず明るい肌色とのコントラストが目立ちます。
ややロングボディな体型で、その分体長が若干大きくなります。


ラスボラ・アギリス

↑「ラスボラ・アギリス」 

ラスボラとしては比較的入荷の少ない種類です。
スマートな体型、尖った顔つきに黒と金色のライン模様が特徴です。
この見た目がカラシンの仲間のペンシルフィッシュに似ていますが、本種はコイの仲間です。
ペンシルフィッシュ好きの方にもおすすめです。


マツブッシープレコ

↑「マツブッシープレコ(小) (調整中)」 

頭部が幅広くて大きい独特の外見をしたブッシープレコです。
ブッシープレコの雄の特徴であるヒゲは、本種では成長とともに太くなってイソギンチャクのような面白い様子になります。


アピストグラマ・カカトゥオイデス オレンジテール

↑「アピストグラマ・カカトゥオイデス オレンジテール(欧BR・ペア)」 

カカトゥオイデスの改良品種としてはオレンジのヒレに黒い斑点が入るダブルレッド・トリプルレッドがポピュラーですが、本種にも人気があります。
こちらは模様が入らず、オレンジから黄色にグラデーションするヒレの色が特徴です。


寄せ植え水草 球型(小)

↑「寄せ植え水草 球型(小)」 

人気の寄せ植え水草です。

寄せ植え水草 拡大

今回の株はヘアーグラスが入っています。
また、1つは↑のように細かい葉のロタラ、もう1つはハイグロフィラ・ピンナティフィダらしい葉が出てきています。


シペルス

↑「シペルス」 

先が尖ったしなやかな細長い葉が特徴の水草です。
カヤツリグサの仲間の水草で、どことなく和風な感じの涼しげな魅力があります。
熱帯魚水槽にも合いますが、メダカなどの日本産淡水魚にも雰囲気がぴったりです。
(ヒーターは必要です)


アルビノカージナルテトラ  

↑「アルビノカージナルテトラ」 

アルビノのカージナルテトラです。
青いラインが淡い色になっていますが、体に透明感がありお腹の赤い色はより鮮やかになっています。
以前はやや高価ですが、現在は普通のカージナルテトラの2倍前後くらいの値段に落ち着いてきています。
まとまった数で泳がせやすくなっていると思います。

アルビノカージナルテトラ

ノーマルのカージナルテトラと一緒に泳がせても、このように明るい色が目立って綺麗です。
アルビノですが目が黒目に近いブドウ目なので、アルビノの赤い目が苦手という方にもおすすめです。


レイアウト石各種
レイアウト石各種

↑「レイアウト用石各種」 

レイアウトに使用できる石素材が各種あります。
渋いモノトーンの石から、赤やオレンジなどの色の石まで色々あります。

それぞれ名前が付いているので、写真を拡大してご覧ください。

青華石・貝堆石・石斧石・木化石・紗紅石・黒光石・紅木化石・紫光石・気孔石
→600円

溶岩石・白層石・橙層石
→900円

以前は水槽に入れた状態で販売していましたが、コケが生えるのでこのような状態で販売することにしました。
手にとって選んでいただけます。


ホワイトフィンロージーテトラ

↑「ホワイトフィンロージーテトラ」 

ロージーテトラの改良品種です。
ノーマルのロージーテトラは背びれの縁だけが白くなり中央に黒い斑点が大きく入りますが、
このホワイトフィンロージーテトラはヒレの広い範囲が白くなっています。


レインボースネークヘッド

↑「レインボースネークヘッド 

派手な体色の小型スネークヘッドです。
手ごろな大きさの水槽で飼える肉食魚として人気です。


 

■クラウンテールベタのフレアリングが撮れました

クラウンテールベタ

クラウンテールベタです。
前回はフレアリングしていない状態で紹介しましたが、
その時に紹介した写真の個体が売れたこともあって現在いるほうの個体を撮影しなおしました。
環境にも慣れたようで鏡にしっかり反応してフレアリングしてくれました。
このようにヒレの骨が綺麗に放射状に広がって美しいシルエットになります。

オフタルモティラピア・ヴェントラリス

オフタルモティラピア・ヴェントラリス

まだ幼魚サイズですが、ライトブルーの光沢が出てきています。

フレームテトラ

フレームテトラ

当分の間色が出ていない写真を掲載していましたが、ようやくいい色が発色してきました。
このように上半身が金色に、体の後半やヒレがオレンジ色になり、名前の通り炎のようです。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド プレコ カラシン コリドラス ベタ スネークヘッド

17.4.21 入荷情報 「綺麗なグッピーの品種など入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回は少なめですが、久しぶりの入荷になるグッピーの品種、
アピストやメダカ、レッドビー、アヌビアスなどが入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

国産オパールブルーグッピー(ペア)

↑「国産オパールブルーグッピー(ペア)」 

プラチナとラズリーの表現が組み合わさり、金色とブルーの光沢がボディに表れる比較的新しい品種です。
尾びれはブルーモザイクになっています。
前回アピストのボレリィ"オパール"を紹介しましたが、こちらはブルーオパールのような美しさがあります。
雌をずっと追尾しているので写真を撮るのが難しかったのですが、何とか撮影できました。


国産プラチナロシアンパープルグッピー(ペア)


↑「国産プラチナロシアンパープルグッピー(ペア)」
 

モスコーパープルのような青紫色の尾びれと、プラチナの金色を中心にカラフルな色が出る体色が特徴です。


アピストグラマ・インカ(ペア)

↑「国産アピストグラマ・インカ(ペア)」 

黒いバンド模様とオレンジ、ブルーのヒレが綺麗な、人気のアピストです。


幹之メダカ

↑「幹之メダカ(少数)」 

背中に沿って青白い光沢が出るメダカです。
幹之(みゆき)メダカと読み、楊貴妃メダカとともに改良品種メダカの人気品種です。

幹之メダカ

水面を通して見ると、このように背中の光沢がより見栄えがします。
店に入って左側の通路の、金魚の水槽の下に大型の容器を置いて展示しています。
上から観察しやすくしているので、是非ご覧ください。
光沢の入る範囲には個体差があるので、↑の写真では左のように光沢の少ない個体も写っていますが、
右側の個体のように頭のほうまで光沢が入る個体が多いです。


ダルマ幹之メダカ

↑「ダルマ幹之メダカ」 

こちらは体が寸詰まりになり、お腹がバルーンモーリーのようにぷくっと膨らんだ幹之メダカです。

ダルマ幹之メダカ


ハニービープラティ

↑「ハニービープラティ」 

光沢のある黄色(金色)の体色に、顔を中心に黒い模様が入るプラティです。
Honey Bee(ミツバチ)のようなかわいらしい体色をしています。
マスクをしたような黒い顔に周りが白い目が目立つので、ゴールデンパンダプラティと呼ばれることもあります。


レッドビーシュリンプ
黒ビーシュリンプ

↑「国産レッドビーシュリンプ&黒ビーシュリンプ」 

レッドビーと、黒白バンドが濃く入った黒ビーシュリンプが入荷しています。
先日紹介した30cmキューブ水槽に追加しました。
どちらもバンドが等間隔に入るタイガーバンド個体です。


アヌビアス・ナナ

↑「アヌビアス・ナナ"プチ" ポット」 

アヌビアス・ナナをさらにミニチュアにしたような、小型のアヌビアスです。
小型水槽でも精密な活着レイアウトが出来そうです。


アヌビアス・ナナ リング

↑「アヌビアス・ナナ リング」 

活着作業が大変、という方におすすめの商品です。
素焼きリングに挿した状態のアヌビアス・ナナです。


 

■ペルースカラレエンゼル 

スカラレエンゼル ペルーワイルド

以前入荷したワイルド個体のペルー産ワイルドスカラレエンゼルです。
ペルースカラレらしく、ヒレが上下に長く伸びています。

スカラレエンゼル ペルーブリード

こちらはブリード個体のペルースカラレです。
入荷サイズが大きいので発色がいいです。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド グッピー

17.4.18 入荷情報 「コリドラス、ベタなど入荷/調整完了しています」

皆さんこんにちは。
調整完了して販売できる状態のコリドラス色々、
個性的な体色のベタなど入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

コリドラス・アドルフォイ ブリード

↑「コリドラス・アドルフォイ ブリード 調整完了しました」 

コリドラスの中でも、美しい透明感のある白にアイバンド、オレンジ色の体色から人気があります。
ブリード個体ではよく似たデュプリカレウスがよく出回っていますが、こちらのアドルフォイは背中の黒いバンドが細く縁取るように入ります。;


コリドラス・セプテントリオナリス  

↑「コリドラス・セプテントリオナリス 調整完了しました」 

ややマイナーですが、見栄えのするロングノーズコリドラスです。
長い名前はラテン語で「北方の」という意味で、ベネズエラやコロンビアなど南米の北のほうに生息します。
(もちろん南半球なので北といっても赤道直下の熱帯ですが…)

体の中央に黒い三角の模様があり、頬の光沢(ラメ)もよく出ています。


コリドラス・ベネズエラブラック

↑「コリドラス・ベネズエラブラック 調整完了しました」 

全身がヒレやヒゲの先まで、赤茶色がかった黒になる個性的なコリドラスです。


コリドラス・ナヌス

↑「コリドラス・ナヌスsp 調整完了しました」 

写真のように、色々な特徴の個体が混じった状態で入荷しました。
リアルタイプのナヌスはほとんど入荷が無いようですが、本来はナポエンシスに近く黒いラインが目立つ外見です。
写真左下や右の手前の個体がナヌスに近いタイプで、
その他はエレガンス系のバリエーションだと思われます。
なので、実質ナヌスsp+エレガンス系ミックスという状態での入荷です。
右の奥の個体のように、メタリックグリーンで背中にオレンジのラインが入る面白い模様の個体もいます。


アフィオセミオン・オーストラレゴールド

↑「アフィオセミオン・オーストラレゴールド(欧ブリード・ペア)」 

ガードネリーに続いて、久々に入りました。
全身が鮮やかなオレンジになって赤い模様が入り、ライヤーテールになる尾びれが特徴です。
原種のオーストラレは地肌がダークグリーンになっていささか地味なので、
こちらのオーストラレゴールドという改良品種が人気です。


アピストグラマ・ボレリィ オパール

↑「アピストグラマ・ボレリィ オパール (欧州ブリード・ペア)」 

最大の特徴は頬に赤と水色の光沢が入り組んだ模様が入る点です。
ちょうど宝石のオパールのように見えるこの部分の色から、オパールという品種名があります。
体色もメタリックブルーと黄色のツートンカラーが美しいです。
アピストとしては小型(6cm程度)ですが、オスはヒレを広げると背びれ、尾びれ、尻びれが重なってベタのフレアリングみたいな姿になります。


 

トリカラーピーコックシクリッド

↑「トリカラーピーコックシクリッド (調整中)」 

ピーコックシクリッドには色々な改良品種がありますが、その中でも派手なのがこちらです。
淡い白やオレンジの体色をベースに、黒やメタリックブルー、オレンジの斑点がびっしりと入ります。
まるで金魚のシュブンキンのような外見です。

ci_af_peecocktricolor_01_2.jpg
ci_af_peecocktricolor_01_3.jpg

このように、白、青、オレンジなど主となる体色には個体差があります。


ベタ スーパーデルタ

↑「ベタ スーパーデルタ」 

定番のベタです。
トラディショナルに比べてヒレの開きが大きいですが、ハーフムーンほど高価でなく手ごろな値段なのが人気です。
体色も色々なバリエーションがあり、美しい個体が多いです。

今回は4匹入荷しています。
最初の明るいブルーの光沢の個体と…

an_bt_superdeltatail_62_4_l.jpg

こちらはボディがドラゴンタイプのような白い光沢と、ヒレの内側がバタフライのように赤くなります。

an_bt_superdeltatail_62_2_l.jpg

こちらの個体はターコイズのような緑がかったブルーのドラゴンタイプです。

an_bt_superdeltatail_62_1_l.jpg

こちらはパッと見では銀色ですが、角度によって光沢が青みを帯びます。


ベタ クラウンテール

「↑ベタ クラウンテール」 

各ヒレの軟条だけが伸びていて、広げると王冠(クラウン)のように見えるベタです。
フレアリングすると特にこの品種の特徴が出るので、是非鏡や別のベタと引き合わせてフレアリングを楽しんでみてください。



バーミーズレッドフィンスネークヘッド

↑「バーミーズレッドフィンスネークヘッド 6cm」 

よく出ている美しいスネークヘッドです。
今回は少々小さめで、まだあまり色は出ていないです。


国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)

↑「国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)」 

フルレッドグッピーのバリエーションで、ボディがゴールデン体色(肌色になるので)
赤い部分と肌色の部分の境目がはっきりと出ます。


コリドラス・シミリス

↑「コリドラス・シミリス 調整完了しました」 

顔の周辺に細かい斑点模様、尾びれの付け根には紺色の大きい斑点があるコリドラスです。

 


コリドラス・ジュリー

↑「コリドラス・ジュリー 調整完了しました 

定番のコリドラスです。
模様には個体差が大きいですが、おおむね「背びれの上半分が黒くなる」
「全身に斑点や網目模様が入り、体の中央にライン状に斑点が並ぶ」という模様になります。


 

■こういうベタもいます

スーパーデルタベタを色々紹介したので、同じ棚にいるこちらのロングフィンベタも。
体色の白はより明るくなった一方で、ヒレに黒いマーブル模様が出てきました。

ct_royalfallowera_41_l.jpg

ロイヤルファロウェラです。
前回の写真ではほぼ色が飛んでいて、体の黒い模様が無くなっていたので
こちらも写真を新しくしておきました。
本当ならもう少し濃く模様が出てきます。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム シクリッド コリドラス ベタ グッピー スネークヘッド

17.4.14 入荷情報 「ワイルドもののプレコ、コリドラス色々入荷しています」

皆さんこんにちは。
今回はワイルドもののレアな大型プレコ3種、
コリドラスも調整中ですがワイルドもの色々、ロリカリア、ファロウェラと
ナマズ系オンリーで入荷しています。

■おすすめの入荷魚 (中野愛魚園入荷情報)

プラチナロイヤルプレコ

↑「プラチナロイヤルプレコ 24cm 調整中」 

明るいベージュ色とストライプのコントラストが強い、ロイヤルプレコのバリエーションです。
今回は大型個体で、ストライプも若い個体に比べよりはっきりしています。


ウルトラスカーレットトリムプレコ

↑「ウルトラスカーレットトリムプレコ 16cm 調整中」 

「ウルスカ」として親しまれるトリム系プレコの人気種です。
地肌の色が黒く、ヒレの端がオレンジ色になります。
トリム系らしいがっちりした体型、体側に並ぶ棘と美しい体色、尾びれの先のフィラメントなど、
迫力があってなおかつ優雅さ、美しさのあるプレコです。

ウルトラスカーレットトリムプレコ

反対側の写真も。
※お腹のところに白くなっている部分があります。病気のようには見えませんが、
入荷したてで調整中ということもあり、現在様子見中です。


ムスタングトリムプレコ

↑「ムスタングトリムプレコ"アレンカー北岸クルア" 5cm 調整中」 

キングオブギャラクシートリムに似ていますが、よりスポット模様が大きくなります。
色々な産地からこの名前で入荷しますが、アレンカー北岸地域から来るタイプはスポットがくっきりして美しくなるタイプとされています。
幼魚サイズなので成魚に比べてスポットが大きいですが、成長するとスポットが増えて細かくなります。


コリドラス・ブレビロストリス

↑「コリドラス・ブレビロストリス 5cm (調整中)」 

アイバンドと背びれの付け根の黒い模様に挟まれたオレンジ色、ボディにスポット模様と、メラニスティウス系の特徴を持ったコリドラスです。
以前はメラニスティウスの亜種(メラニスティウス・ブレビロストリス)とされていますが、現在は独立種になっています。

明らかな違いは尾びれに揃った模様が入ることですが、背びれがピンと伸びてハイフィンになりやすいので人気があります。
また、大型個体は体高が出てきます。

コリドラス・ブレビロストリス


 

コリドラス・ナポエンシス

↑「コリドラス・ナポエンシス 3.5cm (調整中)」 

エレガンス系の中でも派手な体色を持ったコリドラスです。
黒い体色に金色のスポット模様が目立ちます。
エレガンス系のコリドラスは雌雄で体色が大きく違い、雄が特に派手になりますが、
今回は雄のみで入荷しています。
落ち着くとより光沢が出てくると思います。


コリドラス・イルミネータスゴールド

↑「コリドラス・イルミネータスゴールド 3.5cm (調整中)」 

モスグリーンの体色で、背中に沿った金色のライン模様が特徴のコリドラスです。
ヒレも鮮やかなオレンジになり、名前通りイルミネーションのように美しいです。


コリドラス・ゴールデンパンダ

「↑コリドラス・ゴールデンパンダ 2.5cm (調整中)」 

体色が薄く、赤目になっていますが、うっすらアイバンドや背びれの黒い色が残っています。



コリドラス・シムラータス

↑「コリドラス・シムラータス 5cm (調整中)」 

メタエに似たアイバンド、背中に沿った模様からロングノーズメタエとも呼ばれるコリドラスです。
メタエに比べて地肌の色が濃い褐色になり、また体の中央に三角形の模様が入ることが多いです。


コリドラス・アエネウス・メタリックグリーン

↑「コリドラス・アエネウス・メタリックグリーン(欧州ブリード)調整完了 3cm」 

こちらは調整完了しています。
ヨーロッパブリード個体で、強いメタリックグリーンが広範囲に入ります。
写真左側のように、オレンジ色の短いライン模様が目の後ろ側に入っています。
アエネウス"ゴールドイヤー"などの名前で似た特徴のワイルド個体が入荷することがあり、
その系統のコリドラスのブリード個体だと思われます。


リネロリカリアレッド

↑「リネロリカリアレッド 4-5cm」 

体全体がオレンジ色になるロリカリアです。


ロイヤルファロウェラ

↑「ロイヤルファロウェラ 5cm」 

ファロウェラに似ていますが、成長するとやや体高が出てロリカリアやプレコに近い感じになります。
成長とともに各ヒレが伸びてきます。


ブロンズプレコ

↑「ブロンズプレコ 

口が平べったく幅広いので、独特の顔つきになる小型プレコです。
本来は無地のグレーの体色をしていますが、今回は白い細かいスポット模様が入るタイプが入荷しています。

ブロンズプレコ


コリドラス・ハブロスス

↑「コリドラス・ハブロスス(調整中)」 

最大で3cmほどになる、小型のコリドラスです。

落ち着けば飼いやすいコリドラスですが、体が小さい分入荷したての個体は弱いところがあり、
また寄生虫が付いてくることが多いのでしっかりトリートメントして販売します。


 

■今回は寄せ植え水草は・・・

寄せ植え水草 球型 小

再入荷した寄せ植え水草です。
馴染んで水草が自然に伸びてきました。
ルドウィジアはレッドルドウィジアの他、淡いオレンジで丸葉のオバリスも植わっています。

コリドラス・エレガンス

今回、入荷してすぐの調整中のコリドラスを色々紹介しましたが、以前からいるエレガンスも綺麗になっています。
雄個体はこんな感じで、背中に沿ったライン模様が目立ちます。
他のコリドラスとは違った独特な模様で、ポピュラー種ですが面白いコリドラスです。

 

 

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 熱帯魚 アクアリウム プレコ コリドラス

リンク
プロフィール

中野愛魚園

Author:中野愛魚園
ホームページはこちらです。
広島の熱帯魚ショップ「中野愛魚園」の店長です。在庫リスト、詳しい入荷履歴はホームページに掲載しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード